サンゴ礁があるからこそ美しい!沖縄の海の魅力とは

珊瑚

沖縄といえば、通年通してエメラルドグリーンの海が一面に広がり、水面には太陽の光がキラキラと反射する、そんな言葉では言い表せないようなすてきな光景が広がっています。

日本は島国なので海を見ることができる県は多いのですが、その中でも沖縄の海の美しさにかなうところはそうそうないでしょう。実は、沖縄の海が美しい理由には海の中の宝石とも称される「サンゴ礁」が関係しているといいます。その理由に迫ってみましょう。

沖縄の海はとても透き通っているので、特に浅瀬であれば肉眼でもサンゴ礁が多く存在しているのを見ることができると思います。そもそもサンゴ礁を作るのは数あるサンゴの中でも「造礁サンゴ」と呼ばれており、浅瀬で見ることができるのはほとんどがこの種類です。

色とりどりのサンゴ礁と魚が遊んでいる姿は見ているものの心があらわれるような景色です。サンゴ礁には姿を隠す効果もありますが、エビやカニ、魚にとっては食料としてサンゴ礁はとても重要な役割をしています。その魚を今度は別の生物が食べ、生命のループがつながっているのです。

海水浴場にもサンゴ礁があり、ライフセーバーのお兄さんが「サンゴ礁の上にのらないでください」と声がけをしている姿をよく見かけます。自然保護の意味もありますが、それだけサンゴ礁は沖縄の海にはなくてはならない存在なのです。

珊瑚

サンゴとは刺胞動物の一種になり、別名「骨を持つイソギンチャク」なんて呼ばれることもあります。平均水温が18℃~30℃前後の海でしか生息できません。

沖縄には約200種類のサンゴが存在しているとされています。世界全体で800種類といわれているので沖縄の海にどれだけサンゴが多いのかがわかりますね。

サンゴ礁は海水の中で光合成を行い、海中にある二酸化炭素を吸収しています。その後、酸素を放出することで海水の水の浄化や、同時に放出されるミネラルによって沖縄の透明感のある海が保たれているのです。

沖縄といえばエメラルドグリーンの海を思い浮かべる人も多いと思いますが、サンゴ石炭質によって作られた白い砂浜が、海底に届いた光を反射することによって見える色です。サンゴ礁がなければこんな美しい色の海を見ることすらできないのです。

沖縄の海に不純物が少ない理由として日本海側の海流である黒潮が影響しているといいます。栄養が少なく流れが早いことからプランクトンの数が少ないといいます。沖縄は台風も多いので万が一入り込んできたとしても流されていってしまうこともあり、常に透明度の高い海を保つことにつながっているといわれているのです。

近年は、水温上昇によるサンゴの白化現象が問題となっています。水温や紫外線などの強い光によるストレスを感じることで白い骨格が透けて見えてしまっているのです。この状態が長期間続いてしまうと、結果的にサンゴ礁は生態系を保つことができずに死滅してしまいます。

珊瑚の白化

そうなると簡単にはもとの状態に戻ることができないので、それ以前の段階でサンゴを何とか今の状態で保ち、海の生態系を守ること、沖縄の美しい海を守ることが大切だとされています。

サンゴ礁は、沖縄の海を美しく保つためにとても重要な役割をしています。シュノーケリングやダイビングで潜ると、透き通った海水に魚やサンゴ礁を多く見ることができます。

近年はマナーが悪い観光客の方も増え、サンゴ礁の上に立ってしまう人もいるのですが、サンゴ礁が折れてしまい生態に影響してしまう可能性があります。

海水浴はマナーを守って、遊ぶようにしてくださいね。そうしないと沖縄の美しい海を将来残すことができなくなってしまいます。