沖縄の強い紫外線対策!紫外線から肌を守るアイテムはこれ!!

紫外線

沖縄の紫外線は夏だけでなく1年中注意が必要です。海は好きでも日焼け止めをこまめにぬるのはとても面倒くさいものです。ベタベタするし苦手だな・・・と感じる人もいるでしょう。沖縄でも夏の暑い時期だけ紫外線対策が出来ていれば大丈夫でしょと思いがちですが、紫外線はいつでも降り注ぎ5月のゴールデンウィーク辺りが、一番強いとされる時期になるのです。

沖縄に行ってつい紫外線対策を忘れてしまい日焼けをしてしまった経験はありませんか?沖縄の紫外線情報と、対策についてくわしく説明します。

日焼け止め

沖縄の紫外線は本州と比較するとなんと「2倍以上」になります。

ちなみにあなたは日に当たるとどんな日焼けの仕方をしますか?すぐに赤くなり少しだけ黒くなる人は皮膚がんにかかる可能性が高い人になります。ちょっとコンビニに行くだけだからと日焼け止めを塗らずに出てしまうと、予想以上に簡単に焼けてしまいます。

そもそも日焼けとは一種のやけどのことをいいます。日焼けをすると皮膚が赤くなり、皮がむけてまだらになります。海が好きな人であれば1度は経験をしたことがあるのではないでしょうか。

紫外線は美容にも良くないと言われていますし、そもそも沖縄の場合紫外線は強すぎて、紫外線対策をしないで外を出歩くことは危険ですのでおすすめしません。

沖縄に住んでいる人達でさえ、紫外線対策はしっかりとしています。特に小さいお子様がいる場合は、適度に木陰で休憩を入れるなどして、長時間沖縄の紫外線に当たらないようにしましょう。大人が大丈夫な場合でも子どもには刺激が強い時もあります。

ラッシュガード

紫外線対策にはさまざまな方法がありますが、おすすめなのは「日焼け止め」「日傘」を合わせることです。日焼け止めはお肌を守る為ですが、日傘は紫外線を防ぐ意味でもとても大切です。

海で遊ぶ時も水着でビキニを着て楽しむことも出来ますが、出来るならラッシュガードや水着の上にもう一枚着て肌の露出を控えるのをおすすめします。着るだけで紫外線をカットできるパーカーなどもありますので合わせて着ておくと安心です。

また、海で遊び砂浜で休憩している時も「ワンタッチサンシェルター」などの簡易的なものを持って行くと、簡単に紫外線対策になります。海で遊ぶ時、砂浜で休憩する時と分けて用意しておくと安心です。直接紫外線に肌をさらすとやけどの症状などが出てしまう場合もありますので、くれぐれも注意してくださいね。

もし日焼けをしてしまったらすぐに冷やすこと、保湿をしっかりとすることが大切です。ジェルなどの油分を含まないものは海からあがりシャワーに入ったあとに、すぐ塗っても大丈夫です。

ただし油分を含むボディクリームなどの保湿はホテルに帰ってから行うようにしましょう。キレイに日焼けをするためにサンオイルを体に塗る人もいるぐらい、お肌に油分がついていると焼けやすくなります。もともとは昔のクリームには不純物が多く色素沈着を起こしやすくなるとされていたことから言われていますが、今のクリームは当時のものと比較するとそこまでの心配はなさそうです。

せっかく沖縄に来たのですから思う存分楽しみたいものです。とはいっても紫外線対策をしないとお肌にも負担がかかりますし、皮膚がんなどのリスクも高めてしまいます。「日焼け止め」「日傘」「UVカットできるパーカー」「サンシェルター」など、さまざまなグッズが出ていますので工夫して使うことで存分に沖縄を満喫し遊ぶことが出来ますので準備はしっかりと行いましょう。もし忘れてしまっても沖縄ではコンビニやホテルでも紫外線対策グッズは売っていますので安心してくださいね。