沖縄随一の海の美しさ「コマカ無人島」とは

ビーチ

沖縄には人が住んでいない自然のままの姿を残した“無人島”がたくさんあります。そんな無人島のなかでも海の美しさは沖縄一だと有名な「コマカ無人島」を知っていますか?沖縄の数ある島のなかでもとても小さな島ですが、ここにしかない特別な体験ができるスポットです。

沖縄県の南部にある島の周囲が800mほどの小さな島がコマカ無人島です。

コマカ無人島を一周するのも徒歩で15分程度の時間があれば十分です。ぽっこりと海の上に浮かんだ小さな島のまわりには遠くからでも確認できるぐらい、美しいサンゴ礁の楽園です。コマカ無人島を取り囲む海のコントラストが美しくまるで日本にいることを忘れてしまうほどの美しさです。

コマカ無人島には飛行機や高速船などの移動手段はありません。唯一の方法として知念海洋レジャーセンターよりボートで移動すること15分という沖縄本島ともとても近い距離にあり、ボートの本数も多いので日帰りでも十分楽しめる場所です。

コマカ無人島に到着した時に海のなかを歩いて上陸するので、島に向かう際は水着に着替えてから向かうのをおすすめします。知念海洋レジャーセンターが島の管理をおこなっており、正真正銘の無人島として観光客の隠れた人気スポットでもあります。沖縄で人の多いビーチではなくのんびりとした休暇を過ごしたい人にはとてもおすすめのスポットです。

コマカ無人島には特別なレジャースポットはありません。人が住んでいないのですからショッピングモールもありません。コマカ無人島の魅力は手付かずの自然を思いっきり満喫できるところにあります。

島は観光スポットとしては栄えていないのですがこれはコマカ無人島の方針でもあり、唯一あるのはトイレとショップのみのシンプルな作りです。そのため、飲み物や食事などは事前に購入していくのをおすすめします。

また、コマカ無人島にはないのですが、知念海洋レジャーセンターまで戻ると海の家やシャワー、更衣室なども一通り揃っています。マリンスポーツの道具を借りる時はここで借りてからコマカ無人島に持っていきます。

コマカ無人島の魅力は浅瀬にまでカラフルな熱帯魚が泳ぐ、自然いっぱいな島の魅力を体感できることにあります。粒子の細かい白い砂浜が一面に広がり、エメラルドグリーンやブルーの海が一面に広がります。浅瀬でのんびりとしているだけでもまるで海外のプライベートビーチ、リゾート地にきたかのような光景を楽しむことができるので子供から大人まで誰でも満喫できます。

コマカ無人島の場合、豊富なマリンスポーツを満喫するのがおすすめです。シュノーケリングはもちろん、ダイビングやビーチパーティ、バナナボート、ジェットスキーなどさまざまな楽しみ方があります。コマカ無人島に訪れる前日の17時30分までに予約をしないと急に使うことはできませんので注意してくださいね。

夏にはキャンプをしながら、昼間は思いっきり海で遊んで夜には満点の星空を楽しむこともできます。5月~秋頃には渡り鳥の産卵などを観察する楽しみもあり、自然のままの姿を体験できるとても素晴らしい場所です。島を探検してみるのも面白いのでおすすめです。

コマカ無人島はこんなところにこんなにすてきな島があったのかと誰もが驚きます。観光ガイドではそこまで押していないので、知らない人も多いかもしれませんが、その分プライベート感も味わえて、休暇を過ごす場所としてはとてもおすすめです。

海はとても美しく何度でも訪れたくなる隠れ家的なスポットです。今年の夏はコマカ無人島に是非ともいらしてみてくださいね。