実はとても危険、沖縄の自然で注意すべきこと

沖縄の自然

灼熱の太陽の日差しが降り注ぐ沖縄では、南国ならではの生き物がたくさんいます。海や山でおどろくようなカラフルな生き物に出会った時の感動もありますが、知らない生き物だからこそ勝手にふれてしまうともしかしたら猛毒をもっていることも…。沖縄で楽しく遊ぶためには注意点を覚えておきましょう。

沖縄の美しい海には危険な生き物がたくさんいます。美しいイソギンチャクやサンゴなど、つい触ってしまうと命が関わる危険性もあります。万が一体にしびれや体調の変化を感じたらすぐに医療機関を受診するようにしてください。

自分が触っていなくても、クラゲのように刺してくる生き物もいます。

例えば「ハブクラゲ」は沖縄の海の浅瀬に生息しているクラゲで夏から秋にかけてピークをむかえます。沖縄の海にはどこにでもいるクラゲですが、刺されると全身がミミズ腫れのようになり酷い時は発熱などの危険性もあります。刺されると激痛を感じますので早急に処置が必要です。

他にも「オコゼ」や「オニヒトデ」などサンゴ礁の付近に生息し、毒をもっている生き物もたくさんいます。サンゴ礁に近づくこと、ふれること、のることはライフセーバーの人もよく注意していますがサンゴ礁を守るためでもあり、海でのこういったトラブルを防ぐ目的があるのです。

沖縄の山にも危険な生き物がたくさんいます。

沖縄の代表ともいえる「ハブ」もその一つで、ヒメハブ、タイワンハブなど実は種類がたくさんいます。基本的には夜行性の生き物で昼間に猛毒をもったハブと遭遇する確率は比較的少ないので安心してくださいね。

日中は木の上に生息していて木を登ったりしなければハブに遭遇することも少ないでしょう。ただ、用心するにこしたことはありませんので、厚手の靴下を履いてハブに噛まれても被害が少ない状態にできるようにしましょう。ハブに噛まれてしまった時は毒を出す必要がありますので、ゆっくりと山を下り医療機関を受診してくださいね。

他にもスズメバチなど、危険だと感じた時はあえて攻撃することのないように。山登りをする時に黄色などのカラフルな服装だとハチからも狙われやすくなりますので注意してくださいね。

こういった危険な生き物は、私たちが見ただけでは判断することができません。そのためはじめてみる生き物には“むやみやたらに触らない”ようにしましょう。カラフルで外見が美しい生き物こそ、危険な場合もあります。

また、海でシュノーケリングやダイビング、山でトレッキングやハイキングなどにいく時はできるだけツアーにしてガイドと一緒にまわると安全です。

海水浴場のように常にライフセーバーがいる場所なら安全ですが、そういった設備が整っていない自然のままのビーチが沖縄にはたくさんありますので十分に注意して遊ぶようにしましょうね。

また海や山の生物はもちろんですが、沖縄の灼熱の太陽は熱中症などの危険性や日焼けによる低温やけどなどの危険性もあります。沖縄に住んでいる人は沖縄の夏がどれだけ暑いのか知っているので何も対策なしに日中出歩くことはしません。

沖縄に観光にくるとどうしてもはしゃいでしまい熱中症などの危険性もありますので水分をしっかりととりながら、適度に木陰で休みつつ遊ぶようにしてくださいね。

沖縄のように自然を満喫する観光スポットにはそれなりに注意しなければいけないポイントがあります。さすがに、街の中を歩いている時は安全ですがちょっと離れた森や林、海に入る時はこういった危険性もあることを忘れずに遊ぶようにしてください。沖縄に何度も訪れ、慣れてきた頃が一番こういったトラブルに遭遇しやすくなるのです。