小さな島に魅力のつまった「竹富島」

竹富島

沖縄の昔ながらの原風景にであえる島「竹富島」は沖縄本島とはまた違った魅力を感じる事が出来る島です。特別目立った観光スポットはないけども、ふとした時に何度でも訪れたくなるそんな不思議な場所です。そんな「竹富島」のみどころをご紹介いたします。

石垣島から高速船で移動すること10分、竹富島は島の一周がわずか数キロしかないとても小さな島です。人口も300人程度なので島に住んでいる人同士は皆知り合いです。

島に到着した途端に感じる懐かしい風景はまるでタイムスリップしたかのような気分になります。島のあちこちには野良猫がたくさんいて、いつも日向ぼっこをしてのんびりと過ごしています。島の道はサンゴ礁でできていてとてもキレイですし、集落のすべてが昔の沖縄では当たり前だった赤瓦屋根でできています。青い空と赤瓦屋根の色のコントラストがとも美しく、一面に広がっています。

島をまわるには徒歩でもレンタサイクルでも十分で、竹富島に到着すると港にレンタサイクルのお店の人たちがたくさん並んで出迎えてくれます。島にはレンタサイクルがたくさんあるのでシーズンでも足りなくなる心配もありません。

水牛にのってまわるツアーなどもありますので、竹富島をのんびりと満喫したい人にはとてもおすすめです。

水牛

竹富島は小さい島ですが、自然の力をいかした魅力的な観光スポットがたくさんあります。見逃してしまうようなスケールなので事前にみどころをしっかりと確認してから、訪れるようにしてくださいね。

西桟橋

夕日をみるスポットとして有名な場所です。にぎやかになる時間帯もあるようですが、昼間訪れるといつも静かで美しい海を眺めながら読書をすること、お散歩するのがおすすめです。

なごみ塔

竹富島の中心部にある岩山・赤山岡に建つ小さな塔です。平家の落武者が城を築いた場所として有名で、なごみ塔からは水平線を眺めたり、島全体をみることもできるのでぜひ足を運んでみてくださいね。

昔は住民に連絡するための場所でもありましたが、今は人気観光スポットになっています。なごみ塔のまわりには季節の花々が咲いているのでのんびりと眺めながら歩くのもいいでしょう。なごみ塔の階段は急なので足場に気をつけてのぼるようにしてくださいね。

コンドイビーチ

竹富島で海水浴を楽しむならこのコンドイビーチです。テレビの撮影などで使われることも多く、トイレと更衣室以外はなにも設備がありません。どこまでも続く青い海と空、白い砂浜がとてもキレイなビーチです。コンドイビーチからは小浜島や西表島などを眺めることもできますのでぜひみてくださいね。

他にも小さなカフェがたくさんあり、美味しいご飯を食べたりのんびりと休憩したり時間の経過をつい忘れてしまうような場所が竹富島にはたくさんあります。

竹富島には神々の伝説が残る場所もありますので、せっかく訪れたのであればパワースポットとして足を運んでみてくださいね。きっと溢れんばかりのパワーをもらえるはずです。

ニーラン石

西桟橋とコンドイ浜の間の浜にあります。知らないと通り過ぎてしまいそうな石です。ニーランとは神々の国のことをいい五穀豊穣のためにやってきた神々の船を結んだ石として言い伝えられています。毎年8月に儀式もおこなわれています。

スンマシャー

集落の入り口にある大きな大木です。神様の木として親しまれ、魔除けの意味もあるとか。外敵が集落に入るのを防ぐためにたっています。

竹富島の魅力は伝わりましたか?小さな島なので日帰りでも十分満喫できるはずです。のんびりと休暇を過ごしたいあなたにおすすめの島です。