沖縄の海のような琉球ガラスで素敵な思い出を

琉球ガラス

沖縄の伝統工芸品として知られる「琉球ガラス(りゅうきゅうがらす)」を知っていますか?別名「沖縄ガラス」や「琉球硝子」と言われることもあります。

色とりどりの美しい配色に透き通るようなデザインはまるで、沖縄の海や空、木々や太陽など自然を表しているかのような柔らかい表現で見る人をとりこにします。

種類はグラスをはじめ、お皿やアクセサリーなど種類がたくさんあります。「琉球ガラス」は沖縄のおみやげとしても人気があり、沖縄本島の中には体験できる教室などもあるので沖縄の思い出つくりとして体験される方もたくさんいるのです。

「琉球ガラス」のルーツを知ろう!

もともとは、明治時代に長崎・大阪からやってきたガラス職人によって伝えられたと言われています。日常生活に使うようなランプや薬瓶などがはじまりだとされ、戦争後には駐留米軍が使っていたコカ・コーラなどの瓶を再生した歴史から、不良品扱いになったガラスの気泡や厚みを一風変わったデザインとして取り入れ、「琉球ガラス」が出来上がりました。

なんでも気泡は沖縄の海を表し、厚みはあたたかさを感じさせるとされたのです。柔らかい独自の配色が手作り感を出し多くの人達から愛されるようになりました。そこから歴史が流れ平成10年には「琉球ガラス」が“伝統工芸品”として認定され、沖縄を代表するものとして知られるようになりました。

1点1点手作りだからこその魅力があり、職人の想いが込められています。そんな琉球ガラスをアレンジして沖縄のお土産ショップではオリジナルのグラスなども販売されています。似ているようで全てが違うので通販などでも購入できますが店頭で実際にふれて選ぶと愛着が出てきます。

「琉球ガラス村」で思い出作りを楽しもう!

沖縄本島の最南端に「琉球ガラス村」と呼ばれる観光スポットがあります。糸満市にあり、那覇空港や国際通りからもそこまで離れていない利便性の良さ、近くにはひめゆりの塔などもあり観光がてら訪れる人が多い場所として知られています。

「琉球ガラス村」の魅力は、子どもから大人まで楽しむことが出来るガラス作りを始め、職人さんの技を目の前で見ることが出来る工場見学、ギャラリーでは御食事処をはじめ、たくさんの「琉球ガラス」が販売されています。すべてが手作りで作られているので世界に1つしかないものばかり。見ているだけでワクワクとした時間を過ごすことが出来ます。

「琉球ガラス」だけでなく、沖縄の各種おみやげも取り揃えていますのでゆっくりと時間をとって訪れるのをおすすめします。お酒のお猪口やビビールグラスなどお土産としてもとても喜ばれますよ。

定期的にイベントなども行われており、ファミリーでもカップルでも楽しむことが出来ます。駐車場や入場料はかかりませんのでお気軽に立ち寄ってみてくださいね。

  • 営業時間:9:00~18:00(年中無休)
  • 電話:098-997-4784
  • 予算:1000円~(※体験内容による)

※体験は予約が必要ですが、職人さんの工房見学やギャラリーには予約は必要ありません。

他にも琉球ガラスを体験できる施設はたくさんあります。手作りがはじめての人でも職人が丁寧に教えてくれるので楽しみながら作ることが出来ますよ。所要時間は10分~、焼き上げる時間があるので後日配送になるところがほとんどです。

沖縄の「琉球ガラス」は写真や記憶だけでなく沖縄の自然を感じることが出来る、とても温かみのあるお土産です。時間があれば手作りをしてみるのもいいですし、購入する時も一つ一つ手に取り「これだ!」と思える逸品に出逢えるのが一番です。沖縄の思い出をあなたの家にも持ち帰ってみませんか。「琉球ガラス」を見るたびに沖縄を思い出すでしょう。