マングローブなどの特別な体験ができる西表島

西表島

西表島は石垣島から高速船で40分程度移動した場所にある、日本とは思えない亜熱帯植物に囲まれた異色の島です。同じ沖縄でも本島はもちろん、石垣島とも違うその魅力にせまってみたいと思います。豊かな自然にはここでしか出逢えない生き物がたくさんいます。

西表島は意外にも沖縄では2番目に大きい島です。島の約90%が亜熱帯植物に覆われているのでここでしか出逢えない「イリオモテヤマネコ」や「セマルハコガメ」など貴重な生物のすみかになっています。1年を通して温暖な気候に恵まれ、冬でも20℃前後の気温があるので季節に関わらず遊べる場所でもあるのです。

日本一のマングローブ流域面積をほこる「仲間川」をはじめ、マングローブの生い茂る川を進んで行く「ユツン川」など約40個の川にマングローブと西表島の全体で国立公園に指定されているほどです。

マングローブ

西表島までは石垣島から高速船に乗って移動します。到着する港は「上原港」と「大原港」の2種類あり、さまざまな西表島のツアーに参加しアクティブに遊ぶのであれば「大原港」行きの高速船に乗るのをおすすめします。西表島までは飛行機などの移動手段はありません。

また西表島内は県道も整備されており、観光バスやレンタカー、タクシーなどの移動手段もあるので意外と回りやすい島だと思います。貸切タクシーに乗って運転手さんに西表島について詳しく解説してもらいながら観光するのも楽しいと思いますよ。ただし西表島は広いので歩いて回るのは不可能です。

西表島はほとんどの観光スポットが県道沿いにあり、例えば大原港を降りるとすぐ近くに潜水艦から西表島の美しい海中を潜水艦のなかから散策できる「水中観光船」があります。熱帯魚から広大なサンゴ礁まで見られる絶景スポットです。

さらに上原港方面に県道沿いを進んで行くと「仲間川」「前良川(まいらがわ)」「後良川(しいらがわ)」「西面野生生物保護センター」「由布島」「野原崎」などのさまざまな見どころスポットを訪れることができます。唯一県道を通って行けない場所は島の中心部にある日本の滝百選にも選ばれた「マリユドゥの滝」でしょう。

マリユドゥの滝

丸い2段の滝で遊覧船で途中まで移動しジャングルのなかを40分かけて移動します。足場はそこまで悪くはないのですが、歩きやすい靴で訪れるのをおすすめします。

西表島は自然豊かな島ではありますが、美味しいグルメもたくさんあります。特に西表島でしか堪能できない変わり種も多いのでぜひ一度立ち寄るのをおすすめします。

例えば、西表島では「イノシシ」の肉を使った料理や、「モーイ豆腐」と呼ばれているモーイという海藻をメインにかまぼこや海藻で作った変わり種、地域で取れた地魚の「ハナフエダイ」、西表島にしか生息しない「ノコギリガザミ」と呼ばれる希少なカニなど、西表島の御食事処に行くと驚くほどの種類の見たことも聞いたこともないようなメニューが並んでいます。どれも地元で捕れたばかりの新鮮で癖がなく美味しい食べ物ばかりです。

どれから食べたらいいのかわからない人は店員さんに聞いてみましょう。私のおすすめは暑い夏に食べたくなる「モーイ豆腐」です。豆腐のイメージが変わりますよ。もちろん、沖縄そばや海ぶどうなどの沖縄料理もありますので合わせて楽しんでみてくださいね。

西表島は沖縄本島から離れていることもあり、独自のルートの食べ物や文化が多い島になります。まるでジャングルに来たかのような気候と、陽気で暖かな島の人たちの笑い声に惹かれて何度でも行きたくなる島です。もちろん海の美しさも絶景です。