春休みは沖縄旅行がおすすめ!沖縄の海開き事情!

沖縄の海開き

沖縄旅行のシーズンというと皆さんは何月を思い浮かべますか?

たいていの人は夏を思い浮かべるのではないでしょうか。梅雨もあけると灼熱の太陽が照りつけ、一面に広がる青いエメラルドブルーの海がとても美しい沖縄らしい季節がやってきます。

そんな沖縄は本州よりも春や夏の訪れを早く楽しむことが出来ます。3月になると海ではイベントが数多く開催され、地元の人だけでなく観光客も訪れて盛り上がります。そんな沖縄に春休みを利用して新しい発見をしに訪れてみませんか。

沖縄では3月に「海開き」がスタートします

沖縄の海開き

実は沖縄は日本の中でも特に春の訪れが早く、本州では冬のまっただなかの1月~2月にかけて桜を楽しむことが出来ます。沖縄の桜は品種がことなり“緋寒桜”と呼ばれ、濃いピンク色の可愛い色を楽しむことが出来るのが魅力の一つです。沖縄の地元の人達も春の訪れにお酒を交わして楽しみます。

ちょうど本州では学生の春休みがある毎年3月には沖縄では日本一早い「海開き」が行われます。本州の人からしたら考えられない程早いので驚いてしまう人もいるかも。基本的に沖縄では1年中海を楽しむことが出来るのですが、海の家やライフガードなどは常駐しているわけではないので、徐々に夏のシーズンに向けて準備が始まる季節でもあります。この時期になると平均気温は20℃前後にもなり、半袖一枚で過ごすことも出来ます。

「海開き」では数々のイベントが開催され、安全祈願はもちろんのことエイサーなどの伝統芸能・花火・マリンアクティビティなども楽しむことが出来ます。いくら早い沖縄でも本格的にシーズンが始まるのは梅雨明けなのでそれまでは海水浴場もそこまでこんでいませんし、海も静かなのでプライベートビーチのような贅沢な気持ちで沖縄を満喫することも出来るのです。沖縄でも一番海開きが早いのは、青の洞窟や万座毛などがある「万座ビーチ」です。3月の「海開き」の時期に訪れれば、いつもと違う沖縄らしいイベントにも参加できるのが魅力です。

閑散期だからこそ安い料金で満喫出来る沖縄

ホエールウオッチング

沖縄は1年中を通して観光客が多いイメージがありますが、1・2月は閑散期です。ちょうどこの時期になるとホエールウォッチングなども楽しむことが出来るのですが、海の家もやっていませんし海で遊ぶには少し肌寒い時期でもあります。

その為、何と言っても沖縄旅行が安い!夏のピークの頃の料金と比較しても1/5程度の価格に抑えることが出来ます。ここから夏にかけてだんだんと値段が上がっていくのですが、海開きをしたばかりの3月はまだまだお値段もお手頃で台風などの心配もないので、沖縄で思いっきり遊ぶ計画を立てることが出来るのです。

3月~4月にかけて順番に「海開き」が行われます。3月に海開きが予定されているビーチです。観光地として有名なビーチばかりですね。

サンマリーナビーチ
エメラルドブルーのグラデーションが美しい白い砂浜400mも広がるビーチです。波も穏やかで初心者にもおすすめで、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの併設ビーチです。

オクマビーチ
国頭村にある白い砂浜の美しいビーチです。水質ランクAAなのでとてもキレイです。オクマプライベートビーチ&リゾートの併設ビーチです。
万座ビーチ
環境省選定の「快水浴場百選」で、「特選」に選ばれるなど魅力あふれるビーチとして有名な場所です。
カヌチャベイビーチ
本島東海岸随一の大型リゾートビーチとして知られ、沖にあるクジラ島)に行くことも出来ます。マリンアクティビティが豊富です。カヌチャベイホテル&ヴィラズの併設ビーチです。

いずれもホテルが管理している海水浴場が多いのですが、宿泊者ならずとも遊ぶことが出来るのも嬉しいですよね。宿泊者の場合ホテルと隣接しているのですぐに遊べる手軽さがもありファミリーなど子供連れにはとても人気があります。

3月というと沖縄をイメージする人は少ないかもしれません。実はこの時期は穴場的な時期でもあり、沖縄を満喫したい、将来沖縄に移住を考えている人は沖縄の文化を体感できるいい機会にもなりますので、ぜひ沖縄を満喫してみてくださいね。