青の洞窟で貴重な体験を。ツアー参加がおすすめ

青の洞窟

沖縄の恩納村にある真栄田岬には、「青の洞窟」と呼ばれている観光客に大人気のスポットがあります。ここでしか見ることのできない美しい景色に魅せられて何度でも訪れたくなり、沖縄に来る度にシュノーケリングやダイビングをしている人も多いのでは。

那覇空港から美ら海水族館に向かう国道沿いにあり、アクセスの良さも人気の理由の一つになっています。そんな「青の洞窟」の魅力と、実際に参加できるお手頃ツアーについて紹介します。まだ、「青の洞窟」に行ったことがなく気になっている人必見です。

沖縄にある「青の洞窟」ってなに?

「青の洞窟」とは、海水の侵食によってできた海蝕洞=洞窟のことをいいます。この洞窟内の海面が太陽の光によって神秘的な光景を生み出すことから、「青の洞窟」と呼ばれるようになりました。太陽の光が強く入る午前中の時間帯には、特にその青が色濃く見えて、ここでしかできない感動的な体験をすることができます。

シュノーケリングで参加すると、海面の近くから青く染まる海や、かわいい魚と触れ合うようになり、ダイビングで参加すると海底の近くまで行けるのでより魚との距離も近く、海底にしかいないような生き物とも触れ合うことができます。「ハタンボ」や「アカマツカサ」「オトヒメエビ」など他では見られない海の生きものがたくさんいるのです。

はじめての体験の人は、シュノーケリングがおすすめですが、慣れてきたらダイビングで参加してもまた違った視点から楽しめるので面白いのではないでしょうか。

沖縄の「青の洞窟」に行くならツアー参加がおすすめ

「青の洞窟」に行くなら手軽なツアーに参加することをおすすめします。その理由は、

  • ほとんど手荷物なしで手軽に参加できること
  • 岩場やスポットなど単体の個人で行くことができないこと
  • ツアーに参加することでお得な体験もできること
  • ツアーの料金が安く、早めの予約で「早割」などの対応もあるのが魅力
  • 水中で写真を撮ってくれる

数あるツアー会社の中でも私のおすすめはベルトラでの予約です。青の洞窟だけでなく、様々な観光スポットを巡るツアーなどが用意されており、好きなプランを選んで参加出来ます。

あなたも「青の洞窟」で感動体験を味わってみませんか。シーズンの場合とても混み合いますので、予約するのはわすれずに。