沖縄の古きよき光景が残る平和通りとは

平和通り

那覇市内にある観光には外せない国際通りを牧志公設市場に向かう途中に、「平和通り」と呼ばれている場所があります。昔ながらの商店街が立ち並び、地元の人が出掛ける時に通る場合が多く、メインにある市場本通りと比較するとシーズンでも人が少なく、のんびりと見てまわれる場所でもあるのです。そんな「平和通り」の魅力について説明します。

「平和通り」は国際通りからいけますが実際にいったことがないという人も多いのではないでしょうか。最新のファッションやグルメが立ち並ぶ国際通りとは違い、とても静かで何だか田舎の商店街のような懐かしさがあります。戦後、海南地区から牧志地区にかけ露天通りとして生まれたのが始まりです。

「平和通り」の入口にはお土産屋さんがありますが、少し奥に入っていくと惣菜や衣類などが売っています。商店街には三線などの音楽が流れていたりして温かい気持ちになれるのではないでしょうか。お店の軒先にはおじいやおばあが元気に接客をしています。中には営業中なのにご飯を食べている店員さんがいたりととても自由な場所だなと感じると思います。

そんな「平和通り」に数ある店舗の中からいくつかおすすめのお店をご紹介していきたいと思います。ここで紹介している店舗以外にもまだまだ魅力あるお店が沢山あるので、是非足を運んでみて下さい。

入り口から黄色の看板にたくさんのフルーツが並べられ、とても目立つのですぐにわかるのではないでしょうか。搾りたてのフルーツジュースやアイス、カットフルーツなどを楽しめるお店です。変わり種としてサトウキビ(生)も売っています。沖縄に来たなら新鮮なフルーツは外すことができません。おすすめはマンゴープレミアムジューズです。濃厚な味わいと自然な甘さが癖になります。加工されたジューズとは全く違いますのでぜひフルーツジュース片手に「平和通り」を探索してみてはいかがでしょうか。

泡盛やお土産を手頃な価格で種類も豊富に取り揃えています。お店の外までお土産が並べられ、見ているだけでもワクワクしてくるものばかり。沖縄の場合、個人店で購入したほうがお菓子などのお土産は安く購入できるので一度覗いてみるといいのではないでしょうか。

その為国際通りよりも「平和通り」で購入する人も多いといいます。泡盛もどんな種類が美味しいのか迷った時は店員さんに相談してみると、普段は出逢うことのできない珍しい泡盛に出逢えるかもしれません。

様々な種類の塩はもちろん、塩を使ったお菓子などを豊富に取り揃えているお店です。試食もできるのでお気に入りの塩を探してみるといいのではないでしょうか。夏には塩アイスを食べながら一休みなんていうのもおすすめです。店内には美容体験ができるブースもあり美容に効果的な塩体験をすることができます。地元に愛されるお店作りをめざしたからこそ気軽に訪れることができて、一歩店内に入ればすてきな商品が目白押しなのでしょう。他の店舗よりも空いているのでのんびり見られます。塩の奥深さを体験してみてくださいね。

平和通りの奥にあるおばあがやっているエステのお店。外から見ると美容室のような椅子に何人もの女性がフェイシャルエステを受けているのを見られます。ここは資生堂の販売店になっており、格安なお値段でエステを受けることができます。

1回1000円とか破格すぎますね。もともと2人で営業していましたが、今の玉城さんが引き継ぐ形で昔のままの料金で行っているのだとか。40年エステをしているからこそ、玉城さんのお肌はとってもキレイです。ぜひ休憩がてら女子力UPに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


平和通りを歩いていると、店員さんが気軽に話しかけてくれたりして知らないうちに仲良くなっていることもしばしば。外国人観光客にはリトルアジアと呼ばれ、知る人ぞ知る観光スポットになっています。国際通りも十分楽しめますが、一歩横に曲がって「平和通り」のようなコアな場所も探索してみると面白いのではないでしょうか。