宮古島市にある人魚伝説が残る島「下地島」の魅力

下地島

宮古島市にある「下地島」は、数ある沖縄県の島の中でも一味違った観光スポットになります。2015年1月31日に宮古島から繋ぐ「伊良部大橋」ができたことで伊良部島と隣接している「下地島」に足を運ぶ人が増えています。日帰りでも気軽に訪れることが出来ますし、沖縄随一と言われるほどの美しい海はもちろん、この「下地島」には人魚伝説が言い伝えられている池や「下地島空港17エンド」と呼ばれている絶景な場所があるのです。

「下地島」を訪れる人の多くはマリンアクティビティを満喫しに訪れる人が多く、シーズンに関わらずシュノーケリングやダイビングを楽しんでいる人を見かけます。沖縄本島の手がつけられた海とは違い、下地島の海の中にある洞窟や岩場など雄大な自然がもたらした独特の地形に興味を持ち訪れる人が多いのです。

こんなに神秘的な光景は下地島でしか楽しむことはできないのではないでしょうか。もちろん多様多種な魚やサンゴ礁も一面に広がっていて、とても美しい光景を眺めることが出来ます。もともと島民も少なく、観光客も本島のように多くないのでプライベート感も味わうことが出来るのが「下地島」ならではだといえるでしょう。

通り池 そんなシュノーケリングやダイビングスポットの一つに通り池と呼ばれる場所があります。天然記念物としても指定されており2つの池が並び、それぞれ鍾乳洞が侵食され大きくなり、天井が落ちた後に出来たものだと言われています。2つの池は繋がっており、海にも出ることが出来ます。世界的にみても淡水と海水が交じり合うとても貴重な場所です。

この池にはかつて人魚の伝説があり、漁師の行いに怒った人魚が「下地島」に大津波を起こし無人島になったと伝えられているのです。池を見ているだけで飲み込まれてしまいそうな美しさがあります。

下地島空港17エンド

またもう一つの見所の「下地島空港17エンド」は南北に延びる島の形状に沿って作られた滑走路で、一部が海に突出したような形になっているのでまるで水平線まで滑走路が続いているかのようなとても幻想的で美しい光景を楽しむことが出来るのです。朱色のとても美しい滑走路で、35エンドと呼ばれる南側もあります。

「下地島」のほとんどが空港施設で出来ているので航空ファンからは絶大な支持を得ているのです。2014年度に大手航空会社が撤退ししばらくは航空機を見ることもありませんでしたが、先日「下地島空港」を三菱地所による国際線などの定期便を入れる旅客ターミナルとする旨が発表されました。

2025年までに完全自社運営でプライベート機やLCCなどの運行も開始すると話しています。国内外のパイロット育成計画などもあり、今後目が離せない注目スポットになりそうです。

「下地島」には宿泊施設もあり、美しい海で取れた魚もとても新鮮です。宮古島周辺で行われている「パヤオ漁」と呼ばれる漁が行われ、島の御食事処である「レストラン入り江」ではマグロやカツオグルクンなどのさまざまな魚を食べることが出来ます。季節限定の魚などもいるのでぜひ堪能してほしいものです。新鮮でくさみもなく美味しいですよ。

のどかでゆるやかな時間が流れ、一度でも訪れると「下地島」のファンになること間違いありません。個人的に行くのもいいですし宮古島からツアーに参加して訪れること出来ます。

たまには沖縄の離島も満喫してみませんか。せっかくなら「下地島」と「伊良部島」のどちらも合わせて観光していくといいのではないでしょうか。時間がある人は伊良部大橋を歩いても渡ることが出来るので、絶景の海を眺めながらお散歩するにも最適です。