伊江島にはみどころがたくさん!他とは違う楽しみ方

伊江島

沖縄本島の美ら海水族館よりフェリーで30分いくと「伊江島(いえじま)」があります。沖縄にはたくさんの島がありますが、すべての島において特徴があり、島ごとの楽しみ方があります。利便性のいい離島として人気の伊江島にはどんな魅力があるのでしょうか。

伊江島

伊江島はとても小さい島ながら、たくさんの見所があります。沖縄ならではの他のビーチには負けない美しいビーチはもちろん、自然も多く昔ながらの歴史や戦時中の跡なども残っており、伊江島にしかない見所があります。 距離は近いのですが沖縄本島とはまた違った楽しみ方があります。

もともと、伊江島には日本軍の飛行場があり戦争の激戦地となった場所です。今でも島の面積の35%は米海兵隊の補助飛行場があり当時のまま残されている建物もたくさんあります。

伊江島には1日4便のフェリーが出ていますが、夏のシーズンとその他の時期で時間帯が違うので注意してくださいね。その為、朝一番早い便で出て帰りは夕方着のフェリーを使えば日帰りでも楽しむことが出来ます。時間に余裕がある人や、伊江島の魅力を存分に体験したい人は1泊でも泊まるのをおすすめします。フェリーは乗船時間に少しでも遅れると乗れなくなってしまいますので注意してくださいね。

また、車や自転車を一緒に乗せることも出来るので伊江島で観光スポットをまわる時は乗せるのもおすすめです。(※希望者には現地で有料ですが借りることも出来ます)事前に予約が必要となりますので注意してくださいね。

フェリーの場合、そこまで揺れることはないので船酔いしやすい人でも安心です。デッキに出ると心地よい海風を感じることも出来るのでとても爽快で気持ちいいですよ。

伊江島は観光スポットがたくさんあります。とはいっても小さい島なので半日いれば主要ポイントはすべて回れると思います。

伊江島の城山(伊江島タッチュー)

沖縄本島からでも、海の向こう側の島に尖った山を見ることが出来ます。これは「城山」(ぐすくやま)といい、標高は172mの高さです。昔は修行として使っていた山でもあり、今は伊江島タッチューと呼ばれるほど、地元の人達からも愛される観光地としても知られています。

頂上から見える景色はとても絶景で360℃のパノラマが広がり、伊江島全体を見渡すことが出来ます。「城山」は標高も高いのですが、途中まで車で登ることも出来るので、山登りが苦手な人でも心配ありません。夜になると頂上からの星空がとてもキレイです。

伊江島のビーチ

伊江島のビーチはとても美しく白い砂浜と、遠浅のビーチが広がっています。海水浴を楽しむことが出来るのは「伊江ビーチ」と海軍が使用していた「GIビーチ」の2種類になります。どちらも人が少ないのでプライベートビーチのような楽しみ方が出来ます。

また、マリンアクティビティが豊富で、浅瀬で遊ぶ乗馬や、夕方になれば水平線に沈んでいく美しい夕日を眺めることも出来るのでとてもおすすめです。

伊江島のゆり

伊江島では1000品種のハイビスカスを楽しむことが出来る「ハイビスカス園」や、100万輪のゆりを楽しむことが出来る「ゆりまつり」などもあり、訪れる季節によっての楽しみ方があります。伊江島でしか見ることの出来ない品種もたくさんあるので一面のお花畑を存分に楽しんでみてくださいね。ゆりは5月~6月頃に楽しむことが出来ます。

他にも伊江島では農業が盛んで紅芋やさとうきびを使った料理のお店があったり、また伊江牛なども堪能できるので、思い切り遊んだ後は美味しいグルメを楽しむことも出来ます。 沖縄の数ある島の中でもリピータが多い島ですので、ぜひ一度訪れてみてくださいね。