ゆいレールで回るおすすめの那覇市内観光コース

首里城

那覇市内の移動に便利なゆいレールを使えば、レンタカーを使わなくても有名観光スポットを見学することができます。ゆいレールを使って効率よく回るおすすめの那覇市内観光コースを紹介します。

首里城公園には首里城と園比屋武御嶽石門の2つの世界遺産がありますが、なんといってもメインは首里城です。最初のおすすめは、毎日8時25分から行われる「うけーじょー(御開門式)」です。

首里城の有料区域の入場口となっている奉神門は、毎日午前8時30分に開門するのですが、開門の5分前には首里城の役人に扮した職員がドラを鳴らしたあと「うけーじょー」と叫んで開門を知らせます。

この瞬間を見ることができるのは1日に1度だけなので、開門の10分前には奉神門の前に多くのギャラリーが集まります。

さらにこの時だけは役人衣装を身に着けた門番役職員との記念撮影もできるので、首里城での記念写真を撮るならこの時がおすすめです。

首里城

  • 【住所】沖縄県那覇市首里金城町1-2
  • 【有料区域・開園時間】4月~6月・10月~11月 8:30~19:00、7月~9月 8:30~20:00、12月~3月 :30~18:00
  • 【有料区域入場料金】大人820円、高校生620円、小・中学生310円、6歳未満無料
  • ※入場券販売締切りは閉場時間30分前までです

首里城のうけーじょー

  • 【実施日】休館日を除く毎日
  • 【時間】8:25~8:45
  • ※天候によっては中止となる場合もあります

    ※開門後の15分は正殿前の広場(御庭)に琉球古典音楽やBGMが流れます

世界遺産に登録されている玉陵(たまうどぅん)は、琉球王国の国王や王族たちの集合墓苑です。

沖縄は琉球王国の時代から遺骨を骨壺に収めて墓に安置する埋葬方法がとられてきました。

そのため玉陵には洗骨(せんこつ/一定期間墓の中で遺体を安置し、改めて骨を取り出して洗い清めてから再び墓に埋葬すること)までの遺体安置所を中心に、左右に1室ずつ遺骨を納める部屋があります。

「あの世の首里城」といわれている玉陵は、かつて綾門大道と呼ばれた首里城下のメインストリートに面して建てられています。

なお入場券の販売所が資料館になっており、玉陵の内部の様子や貴重な資料などが展示されています。

玉陵

  • 【住所】沖縄県那覇市金城町1-3
  • 【観覧時間】9:00~18:00(最終入場17:30)
  • 【休園日】無休
  • 【観覧料】大人300円、中学生以下150円

那覇三大まんじゅうの1つである「ぎぼまんじゅう」は、巨大な中華まんサイズの白いまんじゅうです。

あんを包んだ白い皮に食紅で大きく「の」と書くので、地元では「のーまんじゅう(正式には「のまんじゅう」)と呼ばれています。

沖縄では冠婚葬祭に欠かせないまんじゅうなので、地元客の多くは10個単位で注文します。

そのため昼過ぎには売り切れ閉店になってしまうこともよくあります。1個からでも注文はできますが、お土産として購入する場合は事前に電話予約をしておくのがおすすめです。

首里名物 ぎぼまんじゅう

  • 【住所】沖縄県那覇市首里久場川町2-109-1 ぺリエールHIGA 1-A
  • 【営業時間】9:00~売り切れ次第終了
  • 【定休日】日曜日

那覇市のメインストリートである国際通りは、かつて「奇跡の1マイル」と呼ばれた場所です。

通りには多くの土産物品店や飲食店が並び、昼夜問わず多くの観光客が訪れます。

さらに毎週日曜日の正午からはトランジットモール(歩行者天国)が行われ、道路上では子ども向けおもちゃエリアや大道芸人・エイサー集団のパフォーマンスを無料で楽しむことができます。

なお国際通り周辺にはたくさんの商店街があります。アーケードの下にある商店街なので、夏でも涼しく散策・ショッピングをすることができます。

石畳みの路地に焼物を販売するお店が並んでいます。下町風情を残した通りなので、散策を楽しむ人も多い場所です。

通りの入口には那覇市立壺屋焼物博物館があり、焼物の歴史のほかに昔の庶民の暮らしを再現した常設展示場があります。

年間を通して様々な展示会が行われるほか、地域密着型のイベントも多く催されます。

那覇市立壺屋焼物博物館

  • 【住所】沖縄県那覇市壺屋1-9-32
  • 【開館時間】10:00~18:00(最終入場17:30)
  • 【休館日】月曜日、年末年始
  • 【入館料(常設展観覧料)】大人350円、大学生以下(各種専門学校など含む) 無料
  • ※月曜日が休日の場合は開館します

那覇市内観光を楽しむなら、レンタカーよりもゆいレールでの移動が便利です。

またゆいレールの一日乗車券を使えば、首里城、玉陵、那覇市立壺屋焼物博物館の入場割引が受けられます。

ちなみにゆいレールの一日乗車券は、券売機で切符を購入した時(または駅窓口で発行してもらった時)から24時間有効なので、うまく利用すれば2日間使うこともできますよ。