沖縄本島南部の穴場ドライブスポット3選

海へドライブ

沖縄本島南部には定番のドライブスポットが多いですが、地元の人でなければほとんど知らない穴場のスポットもあります。そこで今回は、見つけるのが大変だけどおすすめしたい穴場ドライブスポットを紹介します。

龍宮神

有名な沖縄てんぷら屋がある奥武島は、車で渡ることができる小さな離島です。

ほとんどの人はてんぷら屋がある橋の周辺を散策しただけで帰ってしまうので、島の反対側にあるこの場所まではほとんど人がやってきません。

そんな穴場のスポットからは、美しい海を見ることができます。

道沿いにある案内看板の矢印に従って海岸に降りていくと、逆三角形の形をした巨大な岩が見えてきます。

引き潮の時には岩全体の姿が見えるのですが、満潮時には海の中にこの巨大な岩だけがぽっかりと浮かんでいるように見えます。

ちなみにこの場所は龍宮神が祀られている場所。

そもそも奥武島に本島へと渡る橋が出来たのは戦後になってからだったので、島民たちは長い間本島と島を船で行き来する不自由な生活を強いられていました。

それでも生活をするためにはどうしても船に乗らなければならず、時にそれは危険も伴いました。そんな島民たちを守ってくれる存在だったのが龍宮神。

だから島の人たちは今でも龍宮神に海の安全を願って手を合わせています。

龍宮神

龍宮神があるあたりはごつごつとした岩場が続きます。波は比較的穏やかなので、足元にさえ気を付ければ海岸を散策することもできます。

ガイドブックでは紹介されないのでほとんどこの場所を訪ねる人はいませんが、美しい海と静かな時間を味わうことができる穴場の絶景スポットです。

奥武島龍宮神

米須塩泉

サーファーに人気の大渡海岸の近くにあるスーガーは、その昔米須集落の生活用水として使われていた湧水のことです。

スーガーの水はこのあたり一帯に広がる平たい岩の中からしみだし、その水が海に向かってダイレクトに流れ込んでいくというとても不思議な場所です。

ただしこの湧水が見えるのは潮が引いている時だけ。

なぜならスーガーは満潮になると海の下に隠れてしまうので、この不思議な湧水を見ることができるかどうかはタイミング次第なのです。

スーガーがある米須海岸は、すぐ近くに沖縄貝塚時代後期のものとみられる米須貝塚があります。

米須貝塚からは大型の貝が多く見つかっていて、出土品の中にも貝製品が多く含まれています。

湧き水のおかげなのか海岸沿いには緑が多く目立ちます。糸満エリアの中でも穴場のビーチなので、平日の昼下がりでも静かでのんびりしています。

整備された駐車場はありませんが、海岸近くに2~3台程度の駐車スペースがあります。

米須塩泉

晴れた日の平日ドライブでぜひ足を運んでもらいたいのが、最後の穴場スポットである志喜屋漁港です。

志喜屋漁港

沖縄には漁港でも美しい海の景色がみられるのですが、ビーチではないのでほとんど観光客は訪れません。

そんな沖縄の漁港の中でも「のんびり散策が出来る場所」として紹介したいのが志喜屋漁港です。

志喜屋漁港の隣には志喜屋漁港多目的広場があり、広場の周囲を取り囲む海岸沿いに歩道が整備されています。

漁港を挟んだ反対側にある志喜屋ビーチには観光客が多く集まるのですが、すぐ隣に多目的広場は休日でも利用する人の姿はほとんどいないので散策をしていてもとても静かです。

志喜屋漁港

漁港から海岸沿いの歩道にでると、アドチ島が見えてきます。アドチ島は無人島で、大潮の干潮時には歩いて渡ることもできます。

穏やかに見えますがこの辺りは思っている以上に流れが速いので、泳いで渡ることは難しいのだとか…。

潮風を波の音に包まれてのんびりと散策をすれば、旅の疲れもすっかり忘れてしまいます。

志喜屋漁港

本島南部エリアには世界遺産やテーマパークなど有名な観光スポットが集まっていますが、実は穴場スポットもたくさんあります。

美しい景色を眺めながらのドライブも楽しいですが、せっかくなら景色の美しい場所で車を降りてみてください。

車では気づかなかった静かな時間がきっとあなたを癒してくれるはずです。