ネオパークオキナワってどんなところ?楽しみ方は?

ネオパークオキナワ

沖縄本島にある名護市には観光スポットがたくさんあります。豊かな自然を活かしたビーチや公園をはじめ、テーマパークなども多く子供から大人まで楽しめるスポットが豊富にあります。そんな名護市の観光施設のなかでも特におすすめなのが「ネオパークオキナワ」です。広大な土地に珍しい動物達が生息しており、ふれあいを楽しめる貴重な場所です。

国道58号線を進みイオン名護店を通過すると大きなゲートが見えてきます。1987年に開園し今年で30周年(※2017年現在)をむかえるネオパークオキナワは、22ヘクタールの広大な土地に亜熱帯植物や珍しい動物達が生息しています。

園内1周1キロのコースを探索しながら楽しめます。フライングゲージに放し飼いという珍しいスタイルなので、自然の姿を楽しめるのはもちろん「中南米」「オセアニア」「アフリカ」などの3つのゾーンに分かれており、各地の動物たちと身近にふれあうこともできます。

大人660円・中人330円・小人220円(※4歳~小学生迄)となり団体割引などもあります。場所によっては動物に餌をあげることもでき1個200円で販売されています。餌やりは「フラミンゴの湖」・「アマゾンのジャングル」「オセアニアの花鳥」の場所になりその動物によって餌が変わりますので他の動物にはあげないようにしてくださいね。季節に応じてイベントなども行われていますので、事前にチェックしましょう!

ネオパークオキナワを楽しむためのおすすめポイントをご紹介します。広大な土地だからこそ見どころをしっかりと確認してから訪れるようにしましょう。パンフレットは事前に公式HPからダウンロードすることもできます。

ふれあい広場

子供達に人気のふれあい広場では、世界最大のゾウガメに乗ったり、カピバラに餌やりをしたり犬を抱っこしたり記念撮影を楽しむなど様々な動物とふれあい楽しむことができます。ゾウガメは子供だけでなく大人が乗っても問題ありません。のんびりとしてパワフル、それでいてとてもかわいい顔をしています。連日訪れる人もいるほど大人気スポットです。

釣り堀

夏休み中は毎日オープンしており、その他のシーズンは毎週土日限定で12:00~17:00に釣り堀が行われています。ふれあい広場で申込をして、貸竿と餌を300円で購入します。(※ふれあい広場とセットで楽しむ時はセットで500円になります)子供でも釣れるぐらい簡単なので家族で釣り堀体験を楽しみましょう。すっぽん・テナガエビ、フナなども種類も豊富です。釣れた魚はリリースするようにしましょうね。

動物の名付け親に!

毎年のように新しい動物の赤ちゃんが誕生し名前は公募で募集しています。国際主保存研究センターに行き、入館した上で応募ができるようになるので、足を運んでみて実際に見てすてきな名前をプレゼントしましょう。応募の結果は公式HPより発表されますので、楽しみにしていてくださいね。

沖縄に向かう飛行機がJALの人は必見です。機内で配られる「ちゅらナビ」に入園料20%OFFやアトラクションの割引券などもついていることもあります。その時のタイミングにもよりますが旅行会社のHISなどで10%OFFのクーポンを配っていることもあるので、事前に確認してみるといいでしょう。券の枚数に制限があること、期間限定などの条件付きです。

ネオパークオキナワは子供から大人まで楽しめるおすすめの観光スポットです。珍しい動物とふれあいながら存分に沖縄の自然を満喫しましょうね。また、園内でも意外と追加料金がかかるので割引券なども使いお得に訪れるようにしたいものですね。