沖縄の泊港には実は見所いっぱい!グルメや観光を楽しもう

とまりん

那覇市にある泊港といえば、慶良間諸島方面に向かう船舶が出入りする場所としても知られています。渡嘉敷・座間味などの離島観光の経路として訪れる人も多いのですが、隣接した旅客ターミナルのある「とまりん」や老舗のグルメなどの楽しみ方もたくさんあります。

泊港はゆいレールの美栄橋から歩くこと10分の位置にあります。よく那覇港と勘違いしてしまう人もいるのですが、那覇港は那覇市や浦添市にある港の総称になります。慶良間諸島方面の船舶を利用する時は泊港ですので、間違えないように注意しましょう。

安里川河口に位置し昔から船舶の停留所として沖縄発展に貢献した港でもあります。昔は古い港として注目されるような場所ではありませんでしたが「沖縄特措法」などの法律により、観光の拠点となるキレイな港に生まれ変わりました。

昼間は船舶がたくさん停車していて人通りも多いのですが、夜になると港や防波堤の灯りなどがとてもロマンティックな場所でもあり、お散歩しながら楽しむこともできます。近くに国際通りなどもあり利便性もいいことから、泊港を利用する人も年々増えています。

とまりんは、泊港にある複合的な旅客ターミナルとして乗船券の発売所やショッピング・コンビニ・グルメなどの便利な店舗が入っている場所です。実は15階建ての大きなビルになり、1、2階は物販・3階~5階は大手企業のオフィス・6階以上はかりゆしアーバンリゾート・ナハの宿泊施設が入った複合的な場所です。

観光する私たちが立ち寄るのは乗船券の販売所や老舗のかまぼこや、ショッピングなどの施設になります。お土産の購入もできますし、離島に行く前に浮き輪・シュノーケリングセット・水着なども販売しています。もちろん離島で借りることもできるのですが、沖縄滞在中に何度もシュノーケリングを楽しみたい人の場合、購入してしまった方が安上がりになります。

ちょっとした時間つぶしにもなり、施設内は冷房がきいているので快適に過ごすこともできます。毎年秋には「とまりんフェスタ」というイベントも行われており、ビアガーデンや特別上映会などを楽しむこともできます。

泊港周辺では新鮮な海の幸を楽しめるグルメスポットがたくさんあります。例えば「海のちんぼらぁ」は地元直送のプリプリの美味しい鮮魚を楽しめる人気店です。沖縄料理はもちろんメニュー内容も豊富・スタッフの接客も良しの人気店です。広々とした店内では大人数の予約も承っています。お手頃価格なのも魅力です。

とまりんの2階にある「まぐろ食堂」はまぐろなどの海鮮料理を中心に沖縄料理などの幅広いメニューを取り扱う人気店です。ランチの時間はワンコインで丼を堪能できること、定食なども1000円前後とお手頃なのが魅力です。朝8時から営業していることもあり、船で移動する前に寄るのもおすすめです。

また泊港から那覇の中心地である国際通りまで徒歩20分程度の距離になります。美栄橋まで戻る用事があればその駅からも徒歩6分程度で着きますし、泊港を堪能した後や離島からの帰りに国際通りに立ち寄って一杯楽しむなんていうのもいいですよね。

泊港は離島への観光には欠かせない場所でもあり、利便性も抜群なので那覇の観光のついでにふと立ち寄ってみるといいのではないでしょうか。港町ならではの景色もあり、お散歩するにももってこいです。とまりんには600台も車を停める事ができる有料の駐車場もあり、この付近でもかなり大きな駐車場なのでシーズンでも困りませんよ。