慶良間諸島の無人島「安室島」の魅力

安室島

慶良間諸島はその名の通りたくさんの島が連なってできています。そんな数々の島のなかでも大きな無人島として知られているのが「安室島」です。年に数回幻の道ができる神秘的な島なのだとか。そんな安室島の魅力を紹介します。

安室島は座間味島と阿嘉島の間にある無人島で、ボートに乗り約20分で移動できます。地図で見てもわかるぐらい大きな島ですが慶良間諸島の3つある無人島の一つでもあります。座間味島の「古座間味ビーチ」のちょうど向かいにあるので見たことがある人も多いのではないでしょうか。

島の半分は岩場が中心となり島の東側でのみ海に入ったりして、遊ぶことができます。無人島なのはもちろん利便性の悪さから観光客も少ないので、まるでプレイベートビーチのような感覚で安室島を堪能できます。慶良間諸島ならではの、日本とは思えない透き通る美しい海を楽しむこともできるのでシュノーケリングやダイビング好きな人にはもってこいの島でもあります。

渡嘉敷島や座間味島だと年々観光客は増加しているので、のんびりとした大人の休暇を楽しみたい!という人たちからの支持も高く贅沢な時間を楽しめる貴重なスポットとしても有名です。

安室島にはゆったりとした時間が流れここでしか見ることのできない光景もあります。商業施設と呼べるような場所はないのですが、自然の美しさが最大の魅力です。

ビーチ

渡嘉敷島のちょうど向かいにある東側のビーチは白い砂浜と美しい海が広がる絶景スポットです。このビーチでは魚の数は少ないながらもサンゴ礁の数が慶良間諸島一ともいわれるほど多く、艶やかな海底の姿を楽しむことも。「クマノミ」や「ナンヨウハギ」などの魚はたくさんいます。

ただ途中までは浅瀬になっていますが沖に行くとかなり深いので初心者にはおすすめしません。海の絶景を楽しみながら砂浜でプライベートビーチを楽しむこともできます。

幻の道

潮が大きく引く干潮時に座間味島から安室島までの200mの距離が道で繋がります。しかも僅かな時間にしかその姿を眺めることはできないので、タイミングよく見れた人は運がいいのではないでしょうか。

とはいえこの付近は海峡になるので潮の流れが早く安室島に行くときは船を使うのをおすすめします。幻の道を辿って安室島についても目の前は岩場になるので上陸できず意味がありません。あくまでも観賞用の道であるのを忘れないようにしてくださいね。

島の原風景

安室島には昔から変わらない景色がそのまま残っています。島の中心は小高い丘になっていてどこか懐かしい景色を鑑賞することも。南国ならではの動植物があるので、迷わない程度に散策してみてもいいのではないでしょうか。なかにはテントを持ち込み安室島で宿泊して行く人もいるようです。

安室島には売店などの商業施設が全くありません。飲み物や食べ物を座間味島で調達してから行くようにしましょう。真夏の沖縄は予想以上に暑いので夏バテしてしまう原因となります。また安室島の場所によっては海峡による流れが早く浅瀬でも足を引っ張られてしまうこともあります。キレイな海を見るとつい入りたくなってしまいますが、遊ぶのは東側の海だけにしましょう。沖に行くのもおすすめしません。

安室島は無人島ならではの景色や雰囲気を楽しめる貴重なスポットでもあります。海のサンゴ礁の綺麗さはもちろん、キャンプをして夜は一面に広がる星空を眺めるのもいいものですよね。天候によっては安室島に渡れないこともあるので注意しましょう。一度訪れると安室島の魅力に虜になる人が多いのも納得できますね。