とてもロマンティックな古宇利島で恋愛運をあげちゃおう!

古宇利島

沖縄にはアダムとイヴの伝説が残る島「古宇利島」があります。那覇空港から沖縄本島の北部に向かって海岸沿いに走ると、美ら海水族館も越えた北部の街に古宇利大橋というとても大きな橋があります。それが本島と古宇利島を繋ぐ「古宇利大橋」です。一面に広がるエメラルドグリーンの海は神秘的で、本当にアダムとイヴがいたのではないかと思わせるほど。そんな古宇利島の魅力をお伝えします。

古宇利島の伝説について知りたい!

古宇利島は別名「恋島」やなかには「神島」と呼ぶ人もいます。それはここに伝えられている伝説からくるもの。なんでも昔ここに空から男女二人の子どもが降りてきました。彼らは裸で餅を食べながら仲良く暮らしていたとか。そんな二人も次第にいつか餅が降ってこなくなるのではないかと、不安になり残して蓄えるように。そうすると餅は降ってこなくなり魚や貝などを海でとって食べ生活する大変さを学んだそうです。この2人はジュゴンを見たことで男女の違いを知り、相手を意識するようになったとか。それが琉球人、沖縄人の祖先となったと考えられ崇められています。

こんな伝説が残る島に訪れてみたいと思いませんか。古宇利島にはそんな伝説を今に残すような観光スポットがたくさん残されています。

古宇利島はこんなに魅力的な島です。

古宇利島は本島と橋で繋がっているので車で移動することが出来ます。半径約1km、周囲は8kmととても小さな島です。古宇利島にはビーチはもちろん、昔ながらの集落や、一面に広がるさとうきび畑など本島とは一味違った景色を楽しむことが出来ます。古宇利島に来たら、ぜひ立ち寄って欲しいのが「ハートロック」と「古宇利オーシャンタワー」でしょう。

ハートロック

「ハートロック」は、北側のティーヌ浜にありなんと天然のハートの形をした岩になります。なんでも岩の付け根が何百年もかけて波の侵食によりできたものでなかなかロマンティックです。カップルが浅瀬で写真を撮ったり魚と触れ合ったりしている姿を良く見かけます。浅瀬でも可愛い魚がたくさんいるのでぜひ覗いてみてはどうでしょうか。写真撮影も忘れずに。「ハートロック」周辺は岩場になっており、滑りやすいので要注意です。

「古宇利オーシャンタワー」は古宇利島の中心的な場所にある展望台を含めた観光スポットになります。2013年11月にできたばかりの実はまだまだ新しい施設です。海抜82mからの絶景の景色を楽しむことが出来るのも古宇利島の魅力です。

駐車場で車をとめ、チケットを購入すると自動で動くカートに乗って入り口まで移動します。中に入ると展望台としての役割はもちろん、貝の博物館やお食事をするところ、さらにおみやげまで購入できるので十分楽しめます。白亜の大きな建物が目印です。古宇利島でゆっくり一休みしながら絶景を眺めることが出来る素晴らしい観光スポットでもあります。シーズンでもそこまで混み合っていないのでのんびり過ごすことが出来ますよ。

また夏場に古宇利島に訪れると天候が変わりやすくハリケーンに巻き込まれることも。ちょうど台風がきていたこともあり、風は強いわ、雨は横なぶりの天候で古宇利島に行ったことがあります。車の運転に慣れてない人は危ないので「古宇利オーシャンタワー」で少し時間をあけてから観光するといいと思います。

古宇利島にはおばあが作った定食を楽しむことが出来る昔ながらの御食事処もあり、本島とは違う楽しみ方があります。のんびりと過ごす離島ならではの贅沢な時間をあなたも感じてみてくださいね。古宇利大橋で手軽に行けるようになり発展している島ですのでくれぐれもマナーはしっかりと守り観光するようにしてくださいね。キレイな浜を守るのも観光に訪れた私たちの使命でもあります。