沖縄で紅葉を楽しめるスポットがあるの?

紅葉

沖縄といえば夏と冬しか季節がないといってもいいほど年間を通しても暑い日が続きます。そのため沖縄には秋を楽しむ「紅葉」がないと思っている人もいるのですが、実際のところどうなのでしょうか。また沖縄で秋を感じるものといえばどんなものがあるのでしょうか。

秋になると多くの人が楽しみに待ち焦がれる紅葉。秋の風物詩でもありますね。そもそも紅葉とはある一定の条件をクリアすることで起きる現象です。

  • 好天の状態が続いている
  • 葉が日光を頻繁に浴びている
  • 昼と夜の寒暖差が激しい
  • 毎日8℃以下の気温が続いている

などの条件が必要になります。沖縄以外の場所でもこの条件に該当しなければ紅葉を楽しむことはできなくなるのです。

沖縄というと2月~10月頃まで海を楽しめるなど温暖な気候が続く亜熱帯地方であることでも知られています。紅葉するためにはある程度空気が乾燥していることも条件になりますし、冬の平均気温が14℃もある沖縄だと紅葉が起きる条件に該当しないのではと思うはずです。確かに沖縄の観光ガイドなどをみても紅葉に関する宣伝はみたことがありません。

沖縄の場合多くの人がイメージするような紅葉スポットなどはありません。ですが10月~12月頃に紅葉のように赤く色づく木があり、秋の訪れを教えてくれます。

リュウキュウハゼ

リュウキュウハゼ

部分的に紅葉することで知られるリュウキュウハゼはおもに慶良間諸島の座間味島などで夏の終わり頃からだんだんと赤く色づく姿を眺めることができます。ウルシ科の落葉高樹として知られもともとのルーツは福岡県だともいわれています。小さな緑色の実がなることでも知られ小動物の好物なのだとか。夏のはじめの5月には黄緑色の花を咲かせます。沖縄の民家などでも登場したり、園芸用として育てている人もいるようです。

モモタマナ

モモタマナ

沖縄の海岸を中心に多い植物で沖縄の方言でクワディーサーとも呼ばれています。葉の大きさがあること、キレイな赤い色になり葉が落ちる姿などは紅葉そのものだといえるでしょう。

マングローグ畑などで頻繁にみかけ、公園樹としても使用されています。夏の強い日差しを遮ってくれる植物として人気があり、落葉する時に4cmぐらいの実がなります。こちらの実も食物繊維が多いこと、栄養価も高くコウモリなどの好物としても知られています。沖縄では意外と多くの人が見かけていると思われる植物だといえるでしょう。

ちなみに沖縄には紅葉する葉として有名なモミジもありますが、本州で見るものとはまったく異なり葉の形も違えば紅葉することなく小さな実をつけるだけです。一年中青々とした葉なのでモミジであることに気付きにくいのではないでしょうか。

沖縄で秋を感じるものとして多いのはスーパーで出回る果物が「梨」「葡萄」「栗」などに切り替わった時や、松ぼっくりなどが落ちている時に秋を感じます。また雲が夏特有のものではなくなってきた時や、海で泳げなくなった時などに秋の訪れを感じることもあるようです。日中は変わらぬ日差しが照りつけますが、夕方になると涼しい風が吹き抜けるようになり、短いながらも秋の訪れを感じる瞬間はあるのでしょう。

沖縄で紅葉というと本州のような一面に広がる赤く染まる葉を眺めるものではありませんが、徐々に葉の色が赤くなってきて秋の訪れを感じる瞬間はあります。ちょっとした紅葉であれば沖縄でも楽しむことはできそうですね。植物の種類や場所によっては2月頃に赤く染まる葉もあります。ちなみに沖縄では秋の風物詩であるコスモスなどはないようです。秋の沖縄に訪れたらぜひ探してみてくださいね。