野球ファン必見!沖縄でキャンプ地めぐりをしよう

野球

沖縄といえば野球のキャンプ地が多い場所でも知られています。野球ファンであれば一度は訪れてみたい聖地のような場所でもあり、あの有名な選手がここで練習をしていたなどと考えるだけでワクワクドキドキするものです。そんなおすすめの沖縄にあるキャンプ地巡りをして楽しんでみませんか。

沖縄は那覇市を中心に野球のキャンプ地が多い場所です。春になると選手達が練習に訪れ、練習後は近くの飲食店でご飯を食べる姿を頻繁に見かけることができます。野球ファンの人はこの時期に選手がよく訪れるようなお店に行くとちょうど居合わすなんてこともあるようです。そもそもなぜ沖縄に野球のキャンプ地がこんなに多いのでしょうか。

沖縄以外では九州の宮崎県などでもキャンプ地があります。この理由はキャンプ地で練習を行なう時期が2月ということもあり、沖縄や九州であれば温暖な気候の中練習ができるという理由があるようです。本州になると2月はまだまだ雪が降ってもおかしくない程寒い日が続きますし、日没の時間が早いこともあり練習をするには向かないといいます。同様の気候の鹿児島などもありますが、桜島の影響を考えるとキャンプ地として選ぶにはふさわしくないと考えられているようです。

また沖縄の場合アメリカ軍基地が県にあることで国から補助金がでていることもあり、キャンプ地に必要な設備を整えるだけの予算があることも理由としてあるようです。2月に外で練習をするならたしかに沖縄はとても適した場所だといえますよね。

沖縄の数あるキャンプ地のなかでも特に人気の高いスポットをご紹介します。好きな球団のキャンプ地を見に行くのもいいですし、チームにこだわりがない人はキャンプ地巡りなんていうのも楽しめそうですね。

宜野座村野球場

2003年より阪神タイガーズの春キャンプ地として使用され、毎年熱狂的なファンが訪れます。那覇空港から車で移動すること90分と少し距離がありますが、キャンプ中はいつでも賑わっています。室内練習を兼ねたドームなどもあり選手の手形とサインのプレートが並びます。阪神タイガーズの選手たちを身近に感じてみてくださいね。

沖縄セルラースタジアム那覇

2010年に完成したスタジアムで年間維持費に1000万円もかかるといわれる多額の費用をかけた球場です。屋内練習場やナイター設備などなんでも揃います。読売ジャイアンツの1軍2次キャンプ地として知られています。那覇の繁華街から近く利便性もいいので気軽に立ち寄ることもできます。人気選手を身近に感じられるかも。

沖縄市野球場(コザしんきんスタジアム)

広島東洋カープのキャンプ地として有名な場所です。球場・ブルペン・屋内練習場・プールなどの施設がなんでも揃うスケールの大きな球場です。2014年からコザしんきんスタジアムの愛称で呼ばれるようになりました。特に今乗りに乗っている広島東洋カープのキャンプ地を見られるとても貴重な場所でもあります。

沖縄でキャンプ地を巡り観光する時はくれぐれもマナー違反などはないように気を付けましょう。キャンプ場内でタバコを吸う時なども指定の場所があります。選手たちは練習でこの地を訪れていて地元の人達もたくさん見にきていますのでトラブルなどがおきないように十分に気を付けて楽しんでくださいね。

キャンプ場は普段テレビでしかみることのできない選手を身近に感じられるおすすめのスポットでもあります。選手たちと一緒に記念撮影をしたり握手をしたりできることもありますので、マナーを守ってキャンプ地巡りをしましょうね。