沖縄で伝わる弦楽器「三線」の魅力を体感しよう

三線

沖縄の音楽に欠かすことのできない存在といえば「三線」でしょう。優しい音色に沖縄を表現したかのようなどこか懐かしささえ感じられる弦楽器です。特別コードがなくても演奏できる手軽さ、やり方さえ覚えてしまえばあなたも三線を弾くことだってできるのです。

沖縄にいるとどこからともなく聞こえてくる沖縄民謡にあわせて、三線の音色がとても印象的です。他では聞いたことのない独特の音色になんだか惹かれるものを感じずにはいられません。

三線はもともと大陸に文化があり、それが沖縄に伝わったとされています。琉球時代は貿易が盛んに行われていたので、ごく自然に三線が取り入れられたのだと思います。琉球に三線の文化が入ってきたのは証拠となるものがあるわけではないのですが13世紀前後だといわれており、17世紀には三線を使った職がありました。

よく三線と三味線を間違えてしまう人もいるのですが、三味線はもともと三線で本州に三線が広がっていった時に作る時の材質の変化や大きさなどが変わり、三味線が出来上がりました。もちろん素材や大きさが違えば音色はまったく異なります。今では三味線の方が主流になり、三線といえば沖縄をイメージする人たちが増えたのです。

せっかく沖縄に訪れたのであれば三線を体験したい!そんなあなたにおすすめしたい体験メニューがあります。

三線教室

三線の基本を学びたい、独学で三線を弾きたいと考えている人におすすめです。三線のプロである演奏家の方に三線の譜面の読み方などの基本から教えてもらえるので楽器が初心者の方にもおすすめです。1回の体験でもかんたんな童謡ぐらいであれば弾けること、地元の人との交流などもできるので、旅行に来たついでに三線を体験してみたい!そんなあなたにおすすめです。

三線コンサート

琉球村などの観光施設やライブハウス、居酒屋などでプロの演奏家による三線コンサートが行われています。夏だけではなくシーズンで楽しめること、三線の音色にあわせて皆で踊ったりリズムをとったり沖縄の夜には欠かせない貴重な時間です。気さくに参加できること、地元の人だけでなく観光客も多いので美味しい泡盛を楽しみながら一緒に盛り上がっちゃいましょう。三線の魅力を肌で感じられるはずです。

三線製作

自分で作るわけではありませんがオーダーメイドの三線製作を依頼することもできます。予算を決めて、そのなかでどんな素材を使うのか?ゆし木・かみげん・桑の木・琉球黒壇など素材によっても三線の音色は変わりますし、皮を本皮にするのか人工のものにするのかによっても変わります。自分だけの三線が欲しい!そんなあなたにおすすめです。

三線はそこまで難しい楽器ではありません。弦のどこを抑えるのかによって音が変わりますが一度覚えてしまえばさまざまな曲を弾いて楽しむこともできます。上達するためには何と言っても練習あるのみです。特に聞き慣れている流行りの音楽などで練習すると上達を自分でも実感することができるので楽しめるのではないでしょうか。三線の基本さえ覚えてしまえば、三線をいつでもどこでも楽しめるようになるのです。

三線は沖縄の伝統文化の一つでもあります。歴史ある楽器を弾けるようになりたい、沖縄から帰っても何か沖縄を感じられるものが欲しいそんなあなたにおすすめします。三線自体も決して安いものではありませんが、趣味として弾けるようになるとコンサートなどで発表することもできますし、三線の魅力をまわりの人たちにも伝えることができます。まずは三線に触れることからはじめてみましょう。