沖縄琉装を楽しんでみませんか

琉装

沖縄には独自の民族衣装の文化が残っています。琉球の色艶やかな衣装に身を包み、沖縄の市街を歩いたり記念撮影をしたりするのは沖縄でしか体験することができません。ちょっとした記念日などにもおすすめです。

沖縄の民族衣装は「琉装」と呼ばれるものです。琉球時代の王族や士族が着用したとされる由緒ある民族衣装です。沖縄の風土や自然をいかした色艶やかな衣装が印象的でとても華やかでかわいいものです。赤や黄色、緑、水色などをメインに大柄な花や草などの模様があしらわれています。

流装は女性の場合帯を締めず緩やかな着方をするウシンチーという着方をします。そのかわりに腰あたりに細帯をつけて着物を着るような仕組みになっています。通常の着物に比べて袖が大きめにできていること、沖縄のように暑い地域でも快適に着られる工夫がなされています。

それに対し男性の場合は艶やかな帯に身を包みきっちりとした印象のものになります。男性と女性の着物の違いがバランスよく横に並ぶととても優美なものがあります。

沖縄では結婚式などで琉装を選ぶ新郎新婦も多く、沖縄の昔ながらの伝統を今に残すものだとしてとても貴重で素敵なものであることには間違いありません。

琉球王朝の時代は、この琉装にも細かい取り決めがあったのですが今はそういった細かなものはありませんので、気に入った柄を楽しむことができます。琉装は似たようにみえて一つ一つに違いがあり一つとして同じものはありません。それがまた特別感もあり琉装の魅力でもありますよね。

沖縄の民族衣装を体験してみたい!そんなあなたは、こんな形で楽しむことができます。女性をより魅力的にみせてくれるものばかりですので挑戦してみてはいかがでしょうか?

琉装着付け体験

那覇市の国際通りや、おきなわワールドなどで着付け体験をすることができます。卒業記念や結婚記念、イベントなどさまざまな用途で利用される人が多く体験費用は500円程度から楽しめます。お手持ちのカメラで撮影することやお気に入りの琉装に身を包むだけでなんだか特別な気分になります。個人だとすぐに着付け体験ができます。団体になると事前予約は必須です。プロのカメラマンによる撮影も可能です。子供と一緒に楽しむこともできます。

琉装で散策

着付け体験、記念撮影はもちろん沖縄のメインの観光スポットをお散歩できる1日体験コースなどもあります。観光スポットを琉装で歩くだけで注目されること間違いなし。夏の暑さにも負けない艶やかさと美しさは民族衣装ならではですよね。一人だと恥ずかしいあなたも友達と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。


沖縄で流装を楽しむ時の注意点として涼しいように工夫がされてはいますが、真夏のシーズン中の時期は熱中症などに注意が必要です。特に那覇市内は照り返しも強くいつもの服装でも体調を崩してしまうことも。心配な人は写真撮影だけにするのもいいですし、夕方から楽しむなど工夫するようにしてくださいね。少しでも体調不良を感じたらお店などで一休みして楽しむようにしてくださいね。

本場の流装は沖縄でしか楽しむことができません。写真で見たことがあり一度は体験して見たかったと話す女性も多いものです。沖縄の昔ながらの町並みには民族衣装がとてもあいます。琉装を着て写真撮影をしたりお散歩をしたり沖縄の文化を肌に感じて楽しみましょう。琉装の着こなしの仕方、髪飾りなどのすべてに独特の文化が残る沖縄の民族衣装には歴史があります。そんな琉球王朝の歴史を感じながら楽しめたらとても素敵ですよね。