日帰りで楽しめる魅力いっぱい「瀬底島」

瀬底大橋

沖縄といえば一面に広がるエメラルドグリーンの美しい海は外せません。本島の海も透き通り、浅瀬でも魚やサンゴ礁を見ることが出来ますが、沖縄に来たら離島ははずせません。

そんな離島で有名なのは「宮古島」や「石垣島」など、本島から飛行機に乗って移動しないといけない場所ばかり。長期休暇のバカンスならのんびり楽しめるかもしれませんが、2泊など短い時間で楽しむのなら本島から車で移動できる離島「瀬底島(せそこじま)」にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

「瀬底島」は魅力あふれる離島

沖縄の那覇空港から車で移動し、有名な道の駅「許田IC」まで北上し本部町に向かい海岸線をドライブしていると左手側に大きな橋があります。「瀬底島」を知らない人はそのまま美ら海水族館の方面に向かってしまうと思いますが、ここが島の入り口になります。全長762mにもなる大きな橋を渡ると、緑あふれる本島とはまた一味違った島に到着します。

橋の下には「アンチ浜」がひろがり夏でも人が少ないのでのんびりと楽しむことが出来ます。この橋は昭和60年に開通し、それまでは本島までは船しか交通手段がなかったことから独自の文化や特色が色濃く残っている島でもあるのです。

「瀬底島」は周囲7kmととても小さい島ながら、毎年多くの観光客で賑わいます。とはいっても本島のように混雑しているわけではないのでプライベートビーチのようなのんびりとした特別な時間を堪能することも出来るのです。それもそのはず、「瀬底島」のビーチは透明度が抜群でコバルトブルーの海と白い砂浜がとても美しいビーチが広がっています。夕方になると地元の子ども達がお散歩するなど、遊んでいる姿を見ると何だか懐かしい気持ちになります。

「瀬底島」の観光スポットはここ

瀬底ビーチ

特に人気が高いのは「瀬底島ビーチ」でしょう。長さ800mにもなる自然のビーチで遠浅の海ではシュノーケリングを思う存分楽しむことが出来るのです。沖縄ではシュノーケリングが出来るビーチが限られているので、とても貴重です。少し海にはいるだけで可愛い魚ともふれあうことが出来るのが魅力。夕方には地平線に沈んでいく夕日を眺めて、のんびりとした贅沢な時間を満喫することも出来ます。管理ビーチになるので駐車場は有料ですが、シャワーやトイレもありファミリーでも安心して遊べるビーチです。

他にも「恋人ビーチ」と呼ばれる場所もあり、何だかロマンチックですよね。ただ「恋人ビーチ」は無人の浜になりますので駐車場などもなく整備されていません。「瀬底島」でビーチを楽しむ時は何を優先するのかによって選んでみてくださいね。

「瀬底島」のビーチはもちろん、集落にも足を運ぶのをおすすめします。風に揺れる「さとうきび畑」や「フクギの木」、民家を見ると昔ながらの「シーサー」がいることも。のどかな光景になんだか時間が止まってしまったかのような不思議な気持ちにさせられます。

夏でも風邪があると涼しくて気持ちがいいので窓を開けてドライブを楽しんでみてくださいね。古き良き昔の沖縄を残した集落を中心部まで進んでいくと、重要文化財指定を受けている「土帝君」がひっそりと祀られています。最近ではパワースポットとしても注目されているようです。

「瀬底島」は本島からも程近いのにしっかりと離島の雰囲気を味わうことが出来ます。昔ながらの沖縄を残しつつ、3年に1度行われる「豊年祭」ややぎ同士を格闘させる「ピージャーオーラサイ」など他ではみることが出来ない独自の文化を残しています。「瀬底島」には宿泊施設もあるので、島の雰囲気が気に入った人は宿泊して離島ならではののんびりとした時間を過ごしてみてもいいのではないでしょうか。