再発見!沖縄県うるま市の魅力

海中道路

沖縄というと那覇や本部町などを思い浮かべる人が多いかもしれません。沖縄の中部にあるうるま市は実は隠れた観光スポットの名所がたくさんあります。いつも車で通り過ぎてしまう人もこの機会にぜひ訪れてみてくださいね。

那覇空港から車で移動すること1時間30分でうるま市に到着します。万座毛や青の洞窟のちょうど対面側に位置しているので意外と訪れたことがないという人も多い場所です。2005年にもともとあった具志川市、石川市、中頭郡勝連町、与那城町が新設合併してうるま市となりました。そのためこの4つの市町村の魅力がぎゅっと詰まった場所でもあるのです。

人口は12万人と多く沖縄のなかでも3番目にあたります。うるま市のほとんどが数々の島から連なり勝連半島をはじめとした8つの島から構成されています。その島を結ぶのがうるま市の観光のメインともなる海中道路です。

雄大な景色をながめることができ沖縄本島と島々を結ぶこの橋ができるまで、離島の人達は船にのり移動していたというのだから大変です。観光としても重要ですが、地元の人達にはとってもなくてはならない橋が海中道路になるのです。

うるま市は観光名所がたくさんあります!海もあり自然もあり伝統芸能が息づくこのうるま市の魅力は実際に訪れてみないと体感することはできません。

海中道路

海中道路

うるま市を代表する観光スポットです。うるま市と平安座島を結ぶ約4キロの大きな橋です。道の左右に広がるエメラルドグリーンの美しい海に沖縄に来た!って気分を堪能することができます。思わず車を停めて眺めていたくなります。海中道路の途中にあるあやはし館ではうるま市を中心とした地域のグルメや新鮮な野菜などを楽しむことも。アイスのお店もあり一休みには最適です。

沖縄を訪れたら橋の観光も楽しんでみませんか

2017.07.03

勝連城跡

勝連城跡

15世紀に海外貿易により繁栄をもたらしたことで知られる阿麻和利が住んでいた場所としても知られています。自然の形をいかした決して落とすことのできない難攻不落の城として知られ強さと曲線美の美しさのどちらも感じられる城として有名です。勝連城跡には他には一切なにもありませんが青い空と勝連城跡の光景はとても美しいのでおすすめです。

果報バンタ

果報バンタ

バンタは沖縄の方言で崖のこと。宮城島にあり120mの高さの崖からエメラルドグリーンの美しい海を眺めることも。かほう=幸せ岬とよばれておりここに来ると幸せを得ることができるパワースポットなのだとか。自然の美しさを感じることのできる絶景スポットです。知らないと通り過ぎてしまいがちですがとても魅力的な場所なのでドライブで立ち寄ってみてくださいね。

うるま市は沖縄で唯一闘牛の文化が残っています。毎年闘牛大会が行われ事前にチケットを購入した人達で盛り上がります。大きな牛がぶつかり合う姿場所でもとても迫力があり、目を離すことができなくなります。

他にもエイサーの文化を色濃く残している場所でもあります。夏にはエイサーの大会が行われることもあり地域の人達は子供を青年会にいれて、地域ごとでエイサーを競いあいます。夏になるとどこからともなくエイサーの音の音色が聞こえてきます。うるま市を訪れたらこういった昔ながらの伝統芸能にもぜひ触れて欲しいものです。

うるま市の魅力を紹介しましたがいかがでしょうか?こんなに見所の多い市だとは知らなかったなんて人も多いでしょう。沖縄本島は島の全体が観光地といっても過言ではないぐらい魅力の多い場所です。できるだけゆっくりとした期間を過ごし、探索することで沖縄がもっと好きになるでしょう。まずはうるま市も訪れてみてくださいね。