沖縄こどもの国で思いっきり遊ぶには?

沖縄こどもの国

沖縄県沖縄市にある子供と遊べるスポットといえば、こどもの国は外せません。沖縄県内でも数あるテーマパークのなかでシーズンを問わずに人気のあるスポットとして毎年多くの人たちで賑わいます。沖縄のこどもの国について紹介します。

こどもの国のなかには、動物園、ワンダーミュージアム、チルドレンズセンターの3つの施設からできています。沖縄ではじめてできた動物園で、伝統的なものとしても知られています。こどもの国では子供たちの知性や感性、創造力を育成することを目的としており、豊富なアトラクションや施設を通して子供たちに新しい学びと発見をあたえています。

0歳から高校生まで幅広い世代で楽しむことができますし、観光客だけでなく地元の子供たちもたくさん訪れています。普段経験することのできないことをこどもの国で体験できますので子供の成長にもなりますし、とても楽しそうに遊んでくれるので親御さんも安心です。実際にこどもの国に訪れた親子の評価は非常に高く、何度でも遊びに行きたいと思う人が多いのです。

沖縄こどもの国のみどころは3つの施設にあります。それぞれ全く趣旨のことなったものになり、とても広いので1日かけてまわるのをおすすめします。

動物園

県内で8番目に種類の多い動物園です。約200種類の哺乳類、鳥類、魚類が生息しています。日本全国に生息している動物はもちろん、琉球でしかみることのできない貴重な動物もたくさんいます。

例えば琉球犬やヤクシマザルなどを身近にみることもできます。小動物のふれあいコーナーなどもあり子供たちの人気スポットです。最近ホワイトライオンが沖縄こどもの国で見る事ができるようになり話題になりましたね。

ホワイトライオン

季節に応じたイベントなども行われており、動物園に泊まるキャンプ場などもあります。イベントに合わせて訪れるのをおすすめします。

ワンダーミュージアム

身近なところにある不思議と向き合う気付きの森ではさまざまな体験を通して子供たちに気付きのきっかけを与えています。ボールの動きからアクティブに遊ぶことや学べるボールサーカス、からだを使って体験するそうぞう工房、賑わい広場、光のアトリエなど遊べる場所がたくさんあります。子供たちが楽しく遊ぶ姿が容易に想像できますね。

チルドレンズセンター

無料でつかえるスペースとして子供たちに学びの場を提供しています。沖縄の伝統芸能などを体験できることや、ボランティアやアートなど沖縄の魅力を知ることができるものばかりです。誰でも参加できるものばかりですので気軽に訪れてみるといいのではないでしょうか。

沖縄こどもの国は季節によって営業時間が変わります。夏時間(4月〜9月)は、入場が17時までとなり18時で閉園です。冬時間(10月〜3月)は、入場が16時30でとなり17時30で閉園です。

他にもクリスマスイベントなどで時間が変わることもありますので行く前に問い合わせをするのをおすすめします。行ってからやってないのは困ってしまいますよね。参加したいイベントなどの開催時期にも注意しましょう。事前に予約が必要な場合もありますし、夏休みに入るととても混みあいますので、思うように遊べないことも。

沖縄こどもの国は、子供から大人まで楽しむことができるテーマパークの一つです。ここでは遊びながら、たくさんの学びもあるのでお得な年間パスポートなどを購入するのもおすすめです。年に4回来ていれば十分もとをとれますよ。沖縄こどもの国は1日かけてゆっくりまわりましょう。沖縄こどもの国では、夏でも冷暖房を完備していますので快適に過ごせます。