のどかな雰囲気に癒される沖縄の黒島とは

黒島

石垣島からフェリーで移動すること30分、島一面がのどかな雰囲気を漂わせる「黒島」に到着します。人口はたったの210人程の島で、人の数よりも牛の数が多いのだとか。そんな黒島で日頃の疲れを忘れてのんびりと過ごしてみませんか?

沖縄に何度も訪れたことがある人でも黒島の存在を知らない人も多い島です。島についた瞬間に驚くのはなんといっても島のそこら中に牛が生息していることでしょう。基本的には放し飼いなので一面に広がる野原はまるで大きな牧場に来たかのような気分です。この島には信号なども一切ありません。そのため牛が放し飼いでも安全に生活できるのです。

黒島の牛

実はこの牛たちは高級牛でもあり「黒毛和牛」として島の外にでていきます。毎年2月には牛のお祭りなどもおこなわれるので、その時期に訪れると新鮮な黒毛和牛などを堪能することもできるとても貴重な日でもあるのです。沖縄本島には出荷されますが本州ではなかなか見かけることもないのでこの機会にぜひとも堪能してみてはいかがでしょうか。

黒島はその見た目から「ハートアイランド」ともよばれ恋人同士で訪れる人が多い島です。手付かずの自然がそのまま残り、透き通るような海はもちろん、一面に広がる青々とした野原や南国特有の花々など黒島ならではの美しさがあります。

黒島

黒島には特別なショッピングセンターやアトラクションを楽しめるような施設はありませんが、その分自然の美しさを満喫できる感動スポットがたくさんあります。

仲本海岸

仲本海岸

黒島に来たらぜひとも立ち寄りたいのがここ、仲本海岸です。黒島の西側にあり透明度は抜群ですし遠浅の海が一面に広がり子供から大人まで満喫できるビーチの一つです。白い砂浜と海面からでもわかるぐらいの豊富なサンゴ礁にかわいい魚がたくさんいます。その理由の一つに黒島には川がなく生活用水などが流れ込まないので、他の海とは違う絶景が楽しめるのです。

自然のままのビーチなのでウツボなどの危険な生き物がひそんでいることもあります。十分に注意して遊んでくださいね。またトイレやシャワーなどの各種設備がありますので、とてもおすすめです。

伊古桟橋

伊古桟橋

海に向かって延びる354mの桟橋です。国の有形文化財にも登録しており昔は島の人達の生活の拠点として使われていましたが、今では島の人達のお散歩コースとして使われています。

海に向かって進む桟橋のなかでも身近に海を感じることができること、特に整備もされていないそのままの姿はこの黒島ならではの光景ともいえるのではないでしょうか。黒島の魅力を感じながらのんびりとお散歩してみてもいいのではないでしょうか。

黒島は夜になると一面の星空が広がることでも有名で、灯りが少ないからこそ普段ならみることのできない三等星の星も観測できますよ。

黒島は石垣島にあるのでなんといっても海鮮が美味しく新鮮です。黒島はとても小さな島ですが飲食店は多数あり、食べるところには困りません。

海鮮を中心とした居酒屋をはじめ沖縄料理やそばカフェなど黒島の自然いっぱいの食材をいかした新鮮な料理を堪能できます。黒毛和牛などもこの機会に楽しみたいものですね。

黒島はあまり知られていないコアな観光スポットですが、ここに訪れたらなんといっても一面に広がる野原の爽快感を味わってみてくださいね。沖縄に住んでいる人ですら驚くぐらい黒島の海はとても美しいですし、運がよければウミガメと遭遇することもあります。

観光地がたくさんある島も素敵ですが、なにもないからこそ島の魅力が引き立つ黒島のような観光地もなかなか魅力的ですね。