琉球料理ってなに?どんなものがあるの?

ラフテー

沖縄には琉球料理として親しまれる独特の文化が残っています。別名沖縄料理ともよばれ、沖縄観光に行くなら外すことのできない楽しみの一つでもありますよね。そんな琉球料理はいつの時代から沖縄の生活に根付き、なくてはならないものになったのでしょうか。

琉球料理の由来には諸説あり、どちらの説が正しいのかは定かになっていません。

琉球料理の由来となったのは。かつて中国との交流がさかんであった頃に影響を受けたものだとする説があります。琉球料理の調理法が揚げ物や炒め物、炒め煮などの中華料理と同じような手法をしていることからもこの説が有力だとしています。

琉球料理は食材となる生き物のすべてを使いゴミにすることはしません。沖縄の長寿の理由にはこの琉球料理が関係しているのでは?ともいわれています。

また、もともとは宮廷料理だったもので年中行事などに頻繁に使われていたものが琉球料理で豪華絢爛な盛り付けが特徴的なものでした。それが明治王朝以降にだんだんと質素なものになり家庭料理として現代にその文化が息づいているという説もあります。特に沖縄は年間を通しても台風が多く干ばつなどの厳しい気候のなかで、保存できることにこだわりつくられたものもたくさんあります。

琉球料理が以前はどのような形で沖縄県民の生活に紐付いていたのかはわかりませんが、それだけ伝統深く、沖縄の人にとってなくてはならない存在であることがわかりますね。

豆腐チャンプルー

琉球料理は沖縄の食卓にでてくるもののほとんどが該当します。全体的に濃い目でしっかりとした味付けが特徴です。

琉球料理は栄養価が高く保存ができるものに多い傾向があります。なかでもラフテーやミミガーなど特に豚肉を使用したものが多く、沖縄独特の気候である高温多湿の環境が美味しい豚肉の製造にとても適していること、栄養価が高く暑い沖縄の夏をのり切るためにも欠かすことのできない食材なのです。

他にもジーマミー豆腐やチャンプルーなどの豆腐を使用した料理や、沖縄そば、昆布を油で炒めたクーブイリチー、冬瓜の味噌煮のシブイウブシーなどどれをとっても美味しいものばかり。他の県では見かけない独特な料理方法に最初は驚く人もいるかもしれませんが、家庭料理の温かさもあり癖になること間違いありません。

沖縄料理

琉球料理を楽しみたいのであれば、沖縄の琉球料理専門店や食堂で食べることができます。家庭料理なので若干お店によっても味が違いますが、それが楽しく、食べくらべをしながらお気に入りの1店を探してみるといいのではないでしょうか。

じっくりと時間をかけて煮込みつくられた琉球料理の数々は、味は濃いのに癖になりこれを食べに沖縄に何度も足を運んでしまう人もいるほどなのです。定食屋でのおばあとの会話も楽しく、沖縄の昔ながらの文化に触れるすてきな旅になることも間違いありません。

琉球料理のお店などメニュー内容が売切れ次第その日の営業を終了してしまうこともありますので、早めの時間帯もしくは予約をとるようにしてくださいね。

沖縄を知るということは地元の味や文化を知ることです。沖縄のことを知らずして心から楽しむことはできませんし、沖縄に興味を持ったのであればこういったコアな観光の楽しみ方にも挑戦してみるといいのではないでしょうか。

琉球料理はここでしか楽しむことができません。家に帰ってなんとなく試してみても同じ味にはならないはずです。それは沖縄県の人たちが美味しいものを食べてもらいたいと心を込めてつくっているからこそ、琉球料理の美味しさが引き立つのだといえるでしょう。