沖縄でしか食べることが出来ない鮮魚を堪能したい!

沖縄の魚

沖縄には他の地域では見たことも食べたこともないような「鮮魚」がたくさんあります。しかも見た目もカラフルで本当に食べることが出来る魚!?と目を疑ってしまうほど。

さっきまでシュノーケリングやダイビングで見た海の中にいた魚だよね?なんて思ってもおかしくありません。沖縄の市場に行くそんな魚がたくさんいるのですが、これって本当に食べることが出来る魚なのでしょうか。また、沖縄の魚が苦手・・・なんて人もいますが実際のところどうなのでしょうか。

沖縄に来ると、どうしてこんなにカラフルな魚が多いのか気になりますよね。実は諸説あり、サンゴ礁の色と溶け合うことで外敵から身を守っていると言われる説と、魚がたくさんいるので仲間を見分けるために色や模様に特徴を出し変えていると言われる説などもあります。

また沖縄は紫外線が強いので、紫外線から身を守るために姿をカラフルにしているという説もあります。確かにどれも理由としてはありそうなものばかりです。

沖縄の魚が並んでいるとすごい迫力ですし、その色鮮やかさに目奪われます。ではそんな沖縄ではどんな魚の種類があるのでしょうか。有名所をピックアップしてご紹介します。

沖縄の変わった魚の種類をご紹介

沖縄の変わった魚の種類についてご紹介します。実は魚のままを見るととてもじゃないけど・・・なんていうものも、沖縄料理で食べていることもあります。調理の仕方さえ知っていれば美味しい魚が沢山ありますよ。

グルクン

沖縄の居酒屋さんに行った時に、グルクンの唐揚げというメニューを見たことはありませんか?たいていのお店ではあるのですが、沖縄の県魚としても有名な魚で正式な名前をタカサゴといいます。青光りする魚体が水揚げすると赤く変わるというとても変わった魚です。丸々としたフォルムが可愛いく、唐揚げにすると絶品です。

イラブチャー

こちらも有名ですね。沖縄の方言でブダイのことをいいます。口がインコのようになっていて見た目も色鮮やかな美しさがあります。まるで沖縄の海をイメージしているかのような青い魚体が特徴です。蛋白な白身で臭みがまったくないのでお刺身として食べることも。

見た目は驚くかもしれませんが食べてみると良い意味でギャップのある魚です。

ミーバイ

汁物に入れて食べることが多い魚です。ハタ類の一種になり呼び方はその場所によってさまざまです。沖縄ではミーバイと呼ぶことが多いかなという印象です。見た目は毒々しい色をしているので知らない人が釣ると食べられないものだと思いがちですが、なかなか味も癖がなく美味しいのでおすすめです。

アバサー

これはハリセンボンのことです。意外と高級な魚でもあり出汁を出す時に使うのもおすすめ。手の平にのるような小さなサイズから大きなものまで。ハリを取ってしまうとイメージが変わりますが、沖縄でも食卓によく並ぶ魚でもあります。

名前だけ聞くとすごい種類だなと思ってしまいますが、沖縄の方言で名前が違うこともあり実は食べたことがある魚も混じっていました。どんな食べ方が美味しいのか現地の方が一番くわしいので居酒屋に行っておすすめを聞いて食べ比べるのもなかなか乙ですよね。

沖縄に来たらせっかくなら地元の人が調理した、地元の魚を味わいましょう。

居酒屋さんを覗くと種類も多くどれを食べようか迷ってしまうものばかりです。沖縄の気候で育つ魚はとても蛋白で食べやすいものばかり。揚げ物として食べるのととても愛称がいいのです。他にもまだまだ魚の種類はたくさんありますので、挑戦してみてくださいね。お土産屋でお魚図鑑が売っているのですが、沖縄のおみやげにいかがでしょうか。本島で購入することができないのでおすすめです。