沖縄ならではの黒糖工場に行ってみませんか?

黒糖

沖縄といえばさとうきび畑が一面に広がりそれを原料にした黒糖が有名ですよね。お料理の砂糖代わりとして黒糖を使うと見た目も艶やかで料理の味により深みが増しますし、沖縄の数ある銘菓は黒糖を原料に使ったものばかりです。沖縄に住むウチナンチューにとって生活に欠かすことのできない存在が黒糖なのです。

黒糖は古来より自然食品として受け継がれてきました。エネルギーのもとになる糖分をはじめ、鉄分・カルシウム・カリウムなどのミネラルを豊富に含みビタミンも多いことから栄養価が抜群の食材としても知られています。オリゴ糖の効果で善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる効果や、お肌のアンチエイジングにも効果を発揮すると言われています。

沖縄の黒糖はおもにさとうきびの絞り汁を使いそのまま煮沸濃縮させ、結晶化させて冷却したものをいいます。一般的に「黒糖」と表記されているものは純度100%の天然糖のもので、なかには製造する過程で砂糖などを加えた「加工黒糖」などもあります。純度100%の黒糖が欲しい時は「沖縄県黒砂糖共同組合」の公認マークがついているものを購入するといいでしょう。実際に黒砂糖を食べて比較してみると味も違います!

沖縄黒糖 多良間産

純度100%多良間産の黒糖です。

価格:1,296円 (税込)

八島黒糖

沖縄の八つの島で作られた沖縄黒糖がセットになった商品で、純度100%の黒糖です。

価格:1,080円 (税込)

沖縄県北部の読谷村に「沖縄黒糖」の製造工場があります。那覇空港から国道58号線を北へ約50分~60分程度進みます。バスも通っているので「親志入り口バス停」で下車します。

かわいい洋風の建物が目印で、ここでは原料となるさとうきびから黒糖ができるまでの全行程を無料で見学することができます。工場内は甘い香りが漂い見学しているだけでも幸せな気持ちになること間違いなしです。工場見学だけであれば予約なしで当日に行っても混雑しているシーズン外であれば対応してくれるそうです。

煮詰めた黒糖を使い型に流し込み冷やすと、あなただけのかわいいシーサーの形をした黒糖手作り体験学習もできます。アルミカップ1000円・シーサー型2000円のいずれかを選ぶことができ、定員制となりますので事前に申込が必須です。10歳以上、2名~参加することができます。

他にも敷地内にあるショップでしか購入できない限定のお菓子や、出来たてホヤホヤの黒糖を試食するコーナーなどもあり、食べて・見て・体験して楽しめる施設となっています。

車椅子の人でも安心して見学できるようにバリアフリー対応です。公式サイトからもパンプレットやプレゼントを行っていますので、是非一度チェックしてみてくださいね。

沖縄のお土産屋さんに行くと黒糖を原料として使用した加工品がたくさん販売されています。黒砂糖というそのままの黒糖のかたまりで売っている場合もあれば、黒糖ジャム・黒糖蜜・黒糖ココア・あめなどもあり黒糖好きにはたまりません。

黒糖には少し癖がありますが、紅茶の砂糖代わりとして使用したり料理にも使えるのでお土産としても喜ばれること間違いなしです。低GI値の食品でもあるので健康や美容を気にしている方にもおすすめです。砂糖ではありますが身体への糖分の吸収を防いでくれるので、糖分を控えている人にもいいでしょう。

沖縄といえば黒糖ともいえるほど有名です。沖縄黒糖の工場で製造工程を見学するなどより黒糖の魅力を知ることで、黒糖がより好きになること間違いありません。独特の風味も砂糖なのにコクがあるところも自然のさとうきびを使用しているからこそ作られるものです。

特に疲れた身体にも黒糖はとてもおすすめです。黒糖好きな人だけでなくとも楽しめるのが沖縄黒糖の良さでもありますので是非気軽に訪れてみてくださいね。