戦後から今でも残る「栄町市場」を楽しもう

栄町市場

那覇市内を走るゆいレール安里駅を降りて徒歩2分ほどの場所に、「栄町市場」と呼ばれている場所があります。駅を降りて目の前になんだかノスタルジックな雰囲気の場所があり、気になっていたなんて人もいるでしょう。夜でも賑わいを見せる栄町市場の魅力をご紹介致します。

沖縄らしい朱色の商店街の屋根にかわいらしいシーサーのイラストが印象的な場所といえば栄町市場でしょう。戦前は県立女学校(ひめゆり学徒隊)の校舎があった場所としても知られ、校舎は戦争で無くなってしまいましたが、戦後の復興と同時に誕生してこの地域が栄えるようにと「栄町市場」と名前が付けられました。今も当時の姿を残す貴重で歴史的な場所でもあります。

かつては多くの人達で賑わう場所として知られていましたが、近頃は昭和の香りを残すそのノスタルジックな独特の雰囲気を楽しもうと地元の人だけでなく、観光客も訪れる場所として有名になりました。

今では85店舗のお店が軒を連ね、おしゃれではないけどもどこか懐かしい栄町市場の商店街を訪れ地元の人達との交流を楽しんでいます。昔からこの場所でお店を営んできた人たちも今でも多く残っているので、当時の話を聞くことやディープなグルメを楽しむこともでき、栄町市場は常に人々の活気に溢れた声で賑わいます。

一時期はこの栄町市場も衰退していましたが地元の人たちの協力により、賑わいを取り戻し飲み歩きもできる大人向けの観光スポットとなりました。

栄町市場はショッピングやグルメ・飲み歩きなど楽しみ方がたくさんあります。地元の人達もたくさんいるし入りづらいのでは?と思うかもしれませんが全く心配ありません。気さくで温かい栄町市場の人たちと一緒に沖縄の思い出作りをしましょう。

飲み歩き

栄町市場では赤ちょうちんが軒先に下がっているような個人店の飲み屋さんがたくさんあります。例えば日本中から集めた新鮮な貝を楽しめる「貝専門酒場ひいき屋」では、聞いたこともないような珍しい貝をリーズナブルなお値段で楽しめます。美味しい泡盛と一緒に食べるといくらでも進みそう!

他にも沖縄料理を楽しめる「ゆうなみ」もおすすめです。栄町市場では新しいお店になりガラス張りのおしゃれなお店です。海鮮を中心とした豊富なおつまみを用意しています。お会計時に貰えるお味噌汁も嬉しいですね。

食べ歩き

昼間に訪れたら栄町市場の食べ歩きもおすすめです。ジーマミー豆腐や天ぷらを1個から持ち帰りできる「かのう家」やこだわりのコーヒーを楽しめる「potopoto」などもあり、1店舗ごとに店主こだわりの味を楽しむこともできます。お散歩しながら沖縄の美味しいグルメに舌鼓するのも楽しいものですよね。ホテルに持ち帰ってゆっくりと楽しむのもいいでしょう。

栄町市場は沖縄の数ある飲み屋街のなかでも観光客も少なく、飲み屋さんの数が多い美味しいお酒を楽しめる大人のスポットです。料理も美味しいのでついつい飲みすぎてしまう人も珍しくありません。中には3・4軒はしごをするなんて強者も。沖縄のディープな魅力を体感できるので、是非足を運んでのんびりとお酒を楽しみましょう。でも翌日の観光の予定や飛行機など寝坊しないように気を付けてくださいね。

栄町市場は沖縄の知る人ぞ知る観光スポットです。昼から夜までいつでも賑わいをみせ、違った魅力で私達を楽しませてくれます。沖縄の地元の人達も大好きな栄町市場で普段は見ることのできないディープな世界を存分に満喫しちゃいましょう。また栄町市場を訪れる時は飲酒運転になりますので車ではなく、徒歩かゆいレールを使うようにしましょうね。