沖縄離島ならではのグルメを満喫しよう!

ソーキそば

沖縄といえば本島はもちろん、石垣島・宮古島・西表島・慶良間諸島などの離島にもそれぞれの文化があり魅力があります。そんな離島でしか堪能できないグルメがあるのをご存知でしょうか。せっかくなら堪能して欲しいおすすめの離島グルメを紹介します。

沖縄にはその島ごとに違った文化があります。それは離島に橋がかかる前は船で移動しなくてはならず、頻繁に行き来することはできなかったので、その島独自の文化が息づいていることにあります。

よく離島は「橋がかかると変わる」といいますが沖縄の海中道路も瀬底島も古宇利島もすべての橋が実は近年できたばかりのものです。石垣島や宮古島のように場所が離れていて橋ではとてもじゃないけど移動できない場合もあります。そうなるとその島の伝統や文化が今でも残り、地元の人たちが大切に守り続けているのです。

沖縄の離島ではその島限定でしか楽しめないグルメや物産があります。こだわりの素材を使った数量限定のグルメを存分に楽しみましょう!

石垣島

石垣島のグルメといえば「八重山そば」「山羊そば」でしょう。専門のお店が石垣島にはたくさんあります。他にも油で揚げたさつま揚げに似ている「かまぼこ豚汁」やかまぼこの中にご飯が入った「ばくだんおにぎり」などがあります。沖縄本島でも場所限定で食べられる場合もあります。石垣和牛を使った「牛トロ燻製」なども有名です。

宮古島

宮古島のグルメといえば「宮古そば」でしょう。他にも「宮古牛のステーキ」や「宮古牛のお寿司」などもあり余計な味を付けずに塩や醤油で召し上がります。他にも「島タコ」なども有名です。「まぐろのなまり節」もおすすめです。

美しい海だけが魅力じゃない!宮古島の楽しみ方

2017.04.23

宮古島市にある人魚伝説が残る島「下地島」の魅力

2017.03.14

浜比嘉島

海中道路の先にある浜比嘉島では島内の食堂で作っている「もずくコロッケ」を楽しむこともできます。もずく特有のクリーミィな味わいが印象的でポテト感もありなんとも癖になる味わいです。浜比嘉島で出来たてをたべるのをおすすめします。

津堅島

キャロットアイランドで知られる津堅島の無農薬人参とシークヮーサーを使用した「津堅にんじんサイダー」も有名です。優良特産品に指定されるなど数ある離島グルメの中でも評価が高いものとして知られています。

キャロットアイランドともよばれる「津堅島」

2017.05.14

離島のグルメは楽しみたいけど多すぎて全部を回るのはとてもじゃないけど無理…。なんて人の為に毎年11月に那覇で開催されている「離島フェア」をおすすめします。

那覇空港からも近い「奥武山公園」のなかにある「沖縄セルラーパーク那覇」が会場になり、タクシーで移動しても約10分程度の距離になります。国際通りからなら徒歩でも移動できる距離です。

屋根がついているので雨が降っても安心です。週末の約3日間開催され、入場料は無料で楽しめること、100社以上が参加するので、試食もたくさんでき、お腹いっぱい楽しめます。「離島フェア」は即売会をメインとしているイベントなのでグルメの種類が豊富なのもポイントです。

こんなに離島のグルメが本島に集結することはなかなかありません。その為、地元の人たちも大勢訪れる人気イベントとなっています。最終日はとても混雑しますので、初日・もしくは二日目に訪れるのをおすすめします。

沖縄は本島だけではなく離島にも魅力的なグルメはたくさんあります。足を伸ばせるのであれば是非離島の魅力も堪能してみてくださいね。また11月の離島フェアに参加するのも一つの方法です。これでもかといえるぐらいの離島グルメが集結するとっても美味しいイベントになり、とても賑わいますよ!