沖縄で美味しいお肉が食べたい!沖縄原産のお肉とは?

豚・鳥・牛

沖縄には数多くのグルメがありますが、思いっきり遊んでカロリーも消費して夜ご飯は地元の美味しいお肉を堪能したいと思っている人もいるのでは?沖縄の美しい自然が生み出した特産のお肉は他の土地では味わえない希少なものがたくさんあります。

沖縄といえば豚肉(あぐー)をイメージする人が多いのではないでしょうか。角煮や沖縄そばなどのトッピングはもちろんチャンプルーのなかにもお肉は使われています。適度な脂身との相性が抜群で、野菜の旨味をひきだしてくれる存在でもありますよね。

ですが沖縄はもともと牛肉文化が主流でした。本州とは違いお肉を食べることを禁忌としていなかったので、豚や牛をはじめ山羊や馬なども食文化に摂り入れられていたのです。そのなかでも特に高級品として扱われていたのが牛肉で、お祝い事の席などで牛肉を使うのが当たり前とされてきたのです。

そんな牛肉も江戸時代に入り改革が起こってからは牛肉を食すのが禁止となりました。その後中国の使節団が滞在することになり、膨大な数の豚肉を用意する必要が出てきてしまい、沖縄の人たちは試行錯誤を重ねた上で現在の豚肉文化が主流になったのだとされています。

豚は家畜のなかでも比較的飼いやすく、子どもを大量に産むことも理由の一つになったようです。沖縄では豚肉は内臓や耳・手足などなんでも調理します。なんでも「豚で食せないのは鳴き声ぐらい」ともいわれているのだとか。それだけ沖縄にとって豚肉はなくてはならない存在となっているのです。

沖縄に行ったら是非とも食べておきたい特産のお肉を紹介します。お肉なんてみんな一緒でしょと思うかもしれませんが、実は味わいも違いますし沖縄に来れば本物の豚肉料理を楽しめるはずです。

おきなわ和牛

沖縄で育った牛の総称になり「石垣牛」「やんばる牛」「伊江牛」「宮古牛」「琉球牛」などの牛を使ったお肉です。沖縄の大自然のなか時間をかけて育てた和牛は、牛に余計なストレスを感じることなく栄養バランスも抜群!肉独特のくさみもないのでレアで焼いて楽しんでも◎、生肉でのユッケなどの食べ方もおすすめです。新鮮な和牛を存分に堪能してくださいね。

沖縄あぐー豚

この名前で呼ばれている品種はとても頭数が少ない為貴重な豚としてブランドがついています。本来の豚と比較しても小柄で成長がとても遅いのです。霜降り肉に脂がぎゅっと濃縮されており、食べた瞬間甘みもあるのでなんとも癖になる味わいが特徴です。あぐー豚は柔らかいお肉でありくさみもなくどんな料理との相性も抜群です。

やんばる地鶏

沖縄というと鶏肉のイメージが薄いのですが、沖縄県内のフライドチキンではやんばる地鶏が使われています。しっとりとした食感にジューシーで肉厚だからこその食べごたえもあり、実は沖縄の隠れたグルメかもしれません。疲労回復効果などもあるのだとか。

沖縄には地元特産の美味しいお肉を食べられるお店がたくさんあります。どのお店も契約農家がありお店ごとのこだわりが感じられるものばかりです。

沖縄で美味しいお肉に巡り合うためにはなんといってもいろいろなお店を訪れて食べ比べを楽しみましょう。生で食べた方が美味しいお肉・レアの方が美味しいお肉・じっくりと焼いた方が美味しいお肉など食べ方にはいろいろなものがあります。昔から肉文化が息づいてきた沖縄は他の県と比較しても肉を使った料理が秀でています。

沖縄に訪れたら美味しいお肉も一緒に堪能しましょう!良質な脂は実は太りにくいともいわれており、健康や美容にもとても効果的ですよ。