沖縄の豆腐が美味しい!本場で堪能しよう

ゴーヤーチャンプルー

沖縄には他の県では見かけない美味しいグルメがたくさんあります。どれも沖縄らしい素朴な味わいが特徴で自然や素材の味を生かし何度でも食べたくなるものばかりです。そんな沖縄料理のなかに「豆腐」があります。ぜひとも本場で楽しんで欲しい逸品です。

沖縄は琉球王国時代から貿易で栄えた場所であることから中国や朝鮮半島などのアジア圏からの食文化の影響を強く受けているといいます。特に沖縄では豚肉を多く食すことでも知られていますがこれも中国の影響なんだとか。

古くから伝わる琉球料理などをみても豆腐の存在がいかに昔から沖縄の人たちの生活を支えてきたのかがわかります。沖縄で今でも食べられている家庭料理を見てみると健康的な食材を使用したものが多く、食材を無駄にしないという沖縄独自の考え方が今も残っているのだと感じられるはずです。

一言で豆腐と言っても沖縄には様々な種類の豆腐がありますので、一つ一つご紹介していきたいと思います。新たな発見があるかもしれませんね♪

ジーマミ豆腐

ジーマミ豆腐

ジーマミ豆腐とは落花生を使った沖縄の郷土料理です。お土産屋などでもよく見かけますよね。名前の由来となっているジーマミとは沖縄の方言で落花生のことをいいます。もとの原料となっているのはゆし豆腐や島豆腐ですがこれにピーナッツを混ぜることによりもちもちとした食感の美味しい、まるでデザートのような味わいが堪能できます。ジーマミ豆腐を一度食べると触感と味にハマってしまう人も多いのだとか。

ゆし豆腐

ゆし豆腐

ゆし豆腐は固形のお豆腐ではなく、にがりを混ぜて固まりはじめた状態のもののことです。ふわふわとした口当たりのいい柔らかさが特徴で、スーパーなどで袋に入れられ販売しています。沖縄そばに入れたり、このまま汁にいれて楽しむなんて方法もあり料理の内容によってさまざまなアレンジができるのも特徴です。汁の味が染み込みやすく沖縄でしかみかけることはありませんがとっても美味しいお豆腐です。

島豆腐

島豆腐

島豆腐とはゆし豆腐を型に入れて固めたものをいいます。適度な弾力感があり本州でみる木綿豆腐に近い食感です。木綿よりも水分が少なく炒めものなどでも崩れにくいことからよくチャンプルーのお豆腐としても使われます。腹持ちもいいのでダイエット中の人にもおすすめ。豆腐の美味しさを直に感じられるのが島豆腐ならではです。

豆腐よう

豆腐よう

豆腐の漬物として沖縄には欠かせません。紅麹・泡盛を使い作った汁に豆腐を漬け込みつくります。琉球時代から今に伝わる伝統料理の一つで分類だと発酵食品になるのだとか。とっても濃厚でお酒のおつまみとしても人気です。例えるならウニのようなお豆腐といったところでしょうか。大人の味を楽しみたい方に。

ただ、沖縄でも苦手というかたも多く、味にはとてもクセがあるので、好みが分かれる一品です。

沖縄の豆腐は本州で見かける豆腐と製法が違います。ふかした大豆を使用して砕くところまでは同じなのですが、沖縄の豆腐は生のまま漉して火にかけます。本州の豆腐に比べて水分が少なく淡白な味わいが特徴で、大豆本来の味をぎゅっと濃縮してできています。

この製法こそが沖縄料理との相性がいい美味しいお豆腐を生み出すことにつながっているのです。沖縄のスーパーなどに行くとびっくりするかもしれませんが300g以上の大きなお豆腐がホカホカのまま売り出されています。本州でみかける小さな小分けパックに入ったお豆腐とは違い作りたてを販売しているのだとか。これってとても贅沢なことですよね!豆腐を美味しく食べるには作りたてが一番です。

沖縄料理には美味しいお豆腐が必須です。沖縄ならではの文化を残す独特の風合いをぜひとも楽しんでみてくださいね。ヘルシーで栄養価が高いお豆腐はたくさん食べても問題ありません。ぜひすべてのお豆腐を食べ比べてみてください!