沖縄名物サーターアンダギーってなに?

サーターアンダギー

沖縄名物のなかに「サーターアンダギー」があります。沖縄でなくとも近頃は食べられるお店も増えましたが本場の家庭の味のサーターアンダギーを楽しみたいと楽しみにしている人もいるでしょう。観光にとってグルメはかかせないものです。そもそもサーターアンダギーとはどのようなものなのでしょうか。

沖縄のお土産などで必ず見かけるもののなかに「サーターアンダギー」があります。もともと沖縄の方言によりついた名前で「砂糖→サータ」「油→アンダ」「揚げる→アギー」の合わさった名称によってサーターアンダギーと呼ばれるようになりました。

沖縄では砂糖であげることから「砂糖天ぷら」などと表現されることもあるようでなんだかカロリーが高そうなものだなというイメージがついてしまいますよね。サーターアンダギーは割れ目があることから、女性の象徴とする考え方が昔から根付いているようです。

沖縄にサーターアンダギーが誕生したのは王朝時代だとされています。当時料理や菓子作りの職人たちが中国に勉強に行った際に持ち帰ってきたレシピをもとに作られたもので、中国ではサーターアンダギーに良く似た「開口球」というお菓子があります。

また、サーターアンダギーはドーナツととても良く似ているので間違えられやすいのですが、作る過程で水をいれるのかいれないのかの違いだけだといいます。ドーナツよりも食べごたえがありボリューム感を感じるのがサーターアンダギーといった印象ですよね。

沖縄にはサーターアンダギーの美味しいお店があります。せっかくなら食べ比べをしてお気に入りの逸品を見つけてみてはいかがでしょうか。

松原屋製菓

地元でも有名なサーターアンダギーのお店です。国際通りに店舗がありサイズが大きめなのにお手頃価格なのが人気の秘密です。シンプルな味わいはもちろん紅芋味などの多彩なフレーバーのサーターアンダギーが楽しめるのもポイントです。昔ながらの懐かしい味わいが楽しめます。

歩 サーターアンダギー

牧志公設市場にある揚げたてのサーターアンダギーが楽しめるお店です。冷めてから食べても美味しいのでまとめて購入してお土産にもおすすめです。ここのサーターアンダギーは全卵ではなく卵黄だけを使用しているので卵感も強くコクのある味わいが人気です。時間帯によってはすぐに売り切れてしまうこともあります。朝一に訪れるようにしましょう。

フーミーおばさんのアンダギー

地元の人たちからも愛されるお店でうるま市にあります。店の前を通るとあま~い香りが漂います。シンプルなプレーン・黒糖・紅芋などと種類が多く少し小ぶりではありますがおしゃれで変わり種のサーターアンダギーを楽しみたい人におすすめです。10種類ほどのサーターアンダギーが日替わりで店頭に並びます。

サーターアンダギーを家で作ってみたい人向けです。

材料
  • 薄力粉:160g
  • 卵:1個
  • 黒糖:80g
  • ベーキングパウダー:少量
  • 揚げ油:適量
作り方
  1. 卵をボールにいれ砂糖とサラダ油を入れ混ぜ合わせ、薄力粉とベーキングパウダーも和えます。
  2. 生地をお好みの大きさに丸めて160℃の油で揚げましょう。

たったこれだけで本場のサーターアンダギーが作れます。かためが好きな人は卵黄だけにして作ると歩のサーターアンダギーのような味わいになります。揚げたてが一番ですので早めに召し上がってくださいね。

沖縄の名物といえばサーターアンダギーですよね。砂糖を使っていること少しカロリーも高めなのでダイエット中の人は食べる量に気を付けましょう。揚げたてのサーターアンダギーほど絶品なものはありませんよ。