沖縄の珍しいグルメも楽しもう!

イカスミ汁

沖縄には本州ではなかなか見かけることのない独特な食文化が今も息づいています。沖縄に行った時に「え、この料理なに?」と思ってしまうものも多いはず。なぜ、沖縄独自の食文化があるのか?珍しいグルメと一緒に紹介します。

沖縄に珍しい食文化が多いわけ

沖縄はかつて琉球王国だった頃に、中国との交易が盛んだったこともあり日本本来の文化ではなく中国をもとにした食文化も数多く残しています。

例えば沖縄の料理には豚肉を使ったものが多いのですが、ラフテーなども中国から伝わったものです。チャンプルーに関してもルーツは中国だというのですから驚きですね。チャンプルーの基本は残った野菜を使って炒めることにあり、必ずしも豆腐やお肉が入っていないといけないわけではありません。

沖縄は他にもアメリカの食事もとりいれておりポークランチョンミートなどは第二次世界大戦の時に持ち込まれたものがいまでは沖縄の食生活に欠かすことができないものへとなっています。沖縄の珍しい食文化にはこういった理由があると思うとなかなか面白いものですよね。せっかく沖縄に訪れたのであれば変わり種の食事も楽しみたいものです。

沖縄の珍しいメニューとは

沖縄の食文化のなかでも「これ、本当に美味しいの!?」と驚いてしまうようなメニューを紹介します。見た目こそ不思議な食べ物かもしれませんが、一度食べると癖になること間違いなしです。あなたは何個食べたことがありますか?

イカスミ汁

イカスミ汁

見た目は真っ黒なのでまずは第一印象のインパクトは絶大です。白イカの墨を使いつくります。イカの他にも豚肉やこんにゃくなどを入れて煮込みます。沖縄では健康にいい食事として知られ便秘や体の老廃物を出すメニューでもあるのです。こくのあるイカスミ汁は、見た目以上に美味しいのでぜひ挑戦してみてくださいね。

食べた後は歯が少し黒くなります!ちゃんと落ちますのでご安心を。

また、イカスミパスタも沖縄では有名です。

ゆし豆腐

ゆし豆腐

島豆腐を固める一歩手前の豆乳を加えただけのお豆腐です。さっぱりとしていてスープの味がしみるのでさまざまな料理に取り入れられます。ゆし豆腐そばなどなんでも合うのが特徴です。家庭料理としても有名です。

アバサー汁

アバサーとは沖縄の方言でハリセンボンのこと。水族館などでみたことがある人も多いのでは?沖縄ではハリセンボンは食事として食卓に並びます。味にコクがあり淡白で美味しい!知らないとフグのような味わいなのでこれがまさかハリセンボンだとは気付かないのではないでしょうか。唐揚げでもお味噌汁でもなんでもあいます。フグのように調理師免許がなくても調理ができること、沖縄ではハリセンボンが当たり前のように取れるので当たり前の食材です。

他にもヤギを使った料理、ヘチマを使った料理など種類も豊富です。ぜひ挑戦してみてくださいね。

沖縄の食文化で注意すること

沖縄料理のお店や定食屋さんに行くとこの値段でこんなに出てくるの!?と驚いてしまうぐらいボリューム感があるメニューが出て来ます。メインのお料理に汁物、ご飯、副菜がこれでもかというぐらい盛られて来ますので、注文する時の量には注意が必要です。

家庭的な雰囲気の個人店も多くまさか食べきれないからといって残すのも躊躇してしまいます。少なめに注文しておいて追加するぐらいの方がベストです。

沖縄の食文化ははじめて行く人には驚きがたくさんあります。方言でかかれているとなんのことを指しているのかどんな料理なのかわからないので、店員さんに確認してから頼むようにしましょう。机の上にあるコレグースなどもおすすめです。料理に合わせてアレンジして楽しんでみてくださいね。おみやげもいいですが出来立てほやほやの沖縄料理は癖になる程美味しいので、思いっきり遊んで美味しいグルメも堪能しましょう。