石垣島最大の盛り上がりを見せる「石垣島まつり」を楽しもう

祭り

石垣島には毎年11月の最初の土日に行われる島最大のイベント「石垣島まつり」があるのをご存知でしょうか?2日間の開催で地元の人たちだけでなく観光客も訪れ、その数5万人以上にもなるというとても盛大なイベントです。石垣島まつりの魅力に迫ってみましょう。

石垣島まつりは今年で53回目を迎える(※2017年現在)歴史のあるお祭りです。特に今年は市制施行70周年を迎え盛大なイベントになり、キャッチフレーズは「輝いて70年はばたけ石垣未来へ向けて」になります。

石垣島まつりは新石垣空港から40分程移動した場所にある、石垣新栄公園を中心に数々のイベントが開催されます。町の中心部になり730交差点より徒歩で10分~15分程度移動します。目印となるのは石垣市立図書館で石垣島のなかでも大きな建物なのですぐにわかると思います。

イベントのメインとなるのは日曜日に行われる石垣島の市民によるパレードです。48団体の約2200人を超える市民が集い、様々な衣装を楽しみながら石垣島を練り歩きます。

他にも石垣新栄公園で行われる屋台や特産品を集めたブースなどもあり幅広い世代が一同となり盛り上がります。ステージでは有名アーティストが参加することもあり必見です。石垣島でも11月ともなれば夜は少し肌寒いと感じる季節になりますので、長袖などの上着を持っていくといいでしょう。とはいえ頑張ればまだまだ海も入れる時期です。

では石垣島まつりの見どころはどんなポイントになるのでしょうか。もちろん参加できるのであれば土日の両方に参加して思いっきり楽しむのをおすすめします。

ステージパフォーマンス

バンド・創作ダンスをはじめとしたステージパフォーマンスなどを楽しむ事ができます。夜には郷土芸能の夕べとして特別なゲストをお迎えしてパフォーマンスも行われます。時間帯に合わせてステージの内容が変わり、イベント中はノンストップで楽しむこともできます。地元の子供達による出し物などもあるので、楽しめるポイントがたくさんあるはずです。

打ち上げ花火

石垣島まつりのラストといえば日曜日の夜20:45~行われる打ち上げ花火でしょう。11月に花火大会というのも珍しいのですが、石垣島の星空満点の空に上る花火は他でみるものとは違い、また格別なものです。天候によっても中止になることもありますので、当日確認するのを忘れずにしましょうね。

市民パレード

石垣島まつり最大の見どころともいえるパレードです。新小前~市役所前の範囲で行われ、毎年9月には参加者も募集しています。一度は市民パレードに参加してみたいなんて人もいるのではないでしょうか。石垣島ならでの歴史や伝統を形にしたものもあり、このパレードを見れば石垣島の魅力をより感じられるかもしれません。

日曜日の市民パレードに伴い一部で交通規制がかかります。車などのレンタカーを利用する際は役場などには駐車するスペースがないのでユーグレナモール近くの駐車場に泊めるかバスなどの公共機関を利用するのをおすすめします。

また石垣島まつりは県外からもたくさんの観光客が訪れます。その為、沖縄本島からの飛行機の予約や、宿泊の予約は早めに行なうようにしましょう。那覇空港から石垣島までの飛行機は早く取れば取るほど割引などもありお得になりますよ。

石垣島まつりは毎年多くの人たちが楽しみにしているイベントです。この日だけは島民のすべてがおまつりで盛り上がります。11月に石垣島のイメージはないかもしれませんが、観光も空いていますし、まだまだ海も入れますので観光がてら訪れてみてはいかがでしょうか。