国際色豊かな「沖縄国際カーニバル」を体験しよう

沖縄国際カーニバル

毎年11月に沖縄ゲート通り周辺で行われる賑やかなイベントといえば「沖縄国際カーニバル」でしょう。もともと外国人の住民も多い沖縄で賑やかで国際色の豊かさを実感できる貴重なイベントでもあります。11月なのにカーニバル!?と思う人もいるかもしれませんが、日中から夜までノンストップで盛り上がります!

沖縄国際カーニバルは、毎年11月に行われる市民まつりの一つで市民の融和と産業の活性化を目的として行われています。「沖縄こどもの国」にある沖縄こども未来ゾーンとコザゲート周辺に交通規制を行ない約2日間に渡りカーニバルが行われます。

2003年から行われているイベントになり300名以上の参加者が華やかな衣装を身にまとい、サンバのリズムに合わせて踊り歩きます。地元のサンバチームだけではなく日本全国から参加者を集うので、本格的なサンバを身近に楽しむこともできます。パレードは長時間行われ、写真撮影も楽しめます。

沖縄国際カーニバルは同時に「国際大綱引き」や「民族芸能パレード・コザ絵巻」などと一緒に行われています。全体で見ると数千人単位が参加するイベントになり男女問わず盛り上がります。もともと沖縄市まつりが1975年より開催され、1993年から合併して行われるようになり、より多くの人が参加する秋の大イベントになりました。他にもミスコンやコンサートなどもあり、沖縄市市内の全体で盛り上がりをみせる2日間となります。

沖縄には世界45カ国の人たちが住んでいるので、普段はなかなか触れ合う機会もないのですがこのイベントでは国境を超えて盛り上がれるいい機会になるはずです。

沖縄国際カーニバルは見どころがたくさんあります。気候もちょうどよく過ごしやすいので、那覇市内を探索しつつ地元の人たちと一緒に盛り上がりましょう。

市民参加型であること

沖縄国際カーニバルは市民参加型のカーニバルです。レベルの高いサンバの踊りを披露するグループもあれば、地元の企業や団体によるサークルのカーニバルなどもあります。沖縄に住んでいる外国人の人たちが様々なPRをしながら練り歩いているので、様々なパフォーマンスを楽しめます。あなたが沖縄国際カーニバルに参加したいと思えば、サークルなどに所属して出場することも夢ではありません。

バイクパレード

バイク好きにはたまらないイベントで、300台を超えるバイクがゲート通り周辺を埋め尽くします。ハーレーやクラシックバイクなどの珍しいバイクも盛りだくさんで、見ているだけで興奮すること間違いありません。300台のバイクは音もすごいですしなんといっても圧巻です。重厚なバイク音を楽しんでみてくださいね。

沖縄国際カーニバルは毎年10月の半ば~後半になると詳細が発表されます。このイベントが行われる2日間は那覇周辺のホテルはとても混み合い予約が取れないことも充分に考えられます。予定がわかり早めにホテルの予約ができる人は忘れずに押さえておきましょう。沖縄国際カーニバルは日中だけでなく夜遅くまで楽しめるイベントが盛り沢山なのでホテルは近くをおすすめします。

周辺の駐車場はいっぱいになるので歩き移動か、もしくはタクシーなどを利用するようにしましょう。

沖縄国際カーニバルは県内や県外の人たちが大勢参加するとても盛り上がるイベントです。他の県ではなかなか体験できない国際色豊かで斬新なお祭りもありますし、見るだけでなく参加して楽しむこともできるので是非11月の下旬は沖縄に訪れてみてくださいね。