沖縄の離島に移住したら仕事はあるの?

仕事

沖縄本島の場合、いくら求人数が少ないといっても仕事を選ばなければ働き口はたくさんあります。多くの移住者が那覇市内をはじめ様々な地区で活躍しています。では石垣島・宮古島・西表島などの離島に移住した場合、移住者でも仕事はあるのでしょうか。離島の求人について詳しく説明します。

沖縄の離島に移住する場合、本島に比べて圧倒的に求人数が少ないといえます。それはアルバイト・パート・正社員なども枠に関わらずいえることで毎年多くの人が移住していきますがこういった仕事がないことを現実に実感し本島に戻ってしまう人が多いのです。

離島の求人活動は容易なものではありません。実際に面接にいかないと採用してもらえることもありませんので多くの人は離島に移住してから求人活動をはじめます。だからといってすぐに採用が決まるわけでもなくやっと決まったら週2日のアルバイトという可能性も十分にあるのです。

離島での求人は、移住者に対して正社員で雇用してくれる方が珍しいといっても過言ではありません。というのも移住者はすぐに帰ってしまうので正社員で雇用しても意味がないと考えている人もいるのです。そのため不安定なアルバイトで生活するもお金が苦しくなり離島での生活が厳しいとなってしまう人が多いのです。

では離島に移住して働きたい場合はどうしたらいいのでしょうか。いくつか方法がありますので試してみてくださいね。

ハローワークを利用して求人活動をする

公営のハローワークを使い求人を探す方法もおすすめです。離島にいって実際に自分の足で求人を見つけようとしても難しいこと、アルバイトサイトぐらいしか求人もありませんので仕事を斡旋している場所を使い、求人活動をするのもおすすめです。

起業する

離島で新しい仕事が探せない場合、自分で起業するのもおすすめします。予算があるなら離島でカフェを経営したりするのもいいですし、予算なくはじめるのであればインターネットに関わる仕事もおすすめです。もともとパソコンを持っていれば最初にかかる費用もありませんし、しいていえばネット環境を整えてあげるぐらいでしょう。そうやって生活している人も意外と多いのでおすすめです。

地元の人と友だちになる

移住して住みたい島が決まったら何度も足を運び地元の人と友だちになるのもおすすめです。内気な人が多いので積極的に話しかけるなど仲良くなれば移住してから困ったことがあった時や仕事なども紹介してくれるかもしれません。

離島に移住する場合は仕事探しにも一工夫が必要です。

伊平屋島

離島に移住する時は、なんといってもある程度の予算を持っていくようにしましょう。離島に行った後、何があるのかわかりません。働く予定だったお店が急遽閉店してしまっているかもしれませんし、台風などの影響もあり住む住居の補修が必要な場合もあります。

移住すると決めたら情報収集と貯金はしっかりと準備しておきましょう。特に沖縄本島と違い狭い世界ですので、前準備を徹底するにこしたことはありません。

沖縄の離島に住む場合なんといっても気になるのは仕事があるのかどうかでしょう。億万長者でもない限りお金が足りなくなれば生活していくのは難しくなります。そのためにも計画的に準備して何があっても問題ないようにしておきましょう。

離島での移住は本島と比べて大変な部分もありますが、離島だからこその魅力も多く楽しめるはずです。「なんとかなる」ぐらいの軽い気持ちだと失敗してしまうことがあるので注意してくださいね。