沖縄の移住で食費は上がる?節約するには?

野菜

沖縄は物価が安くて生活がしやすいと思っていませんか?海も多いし新鮮な魚や野菜もあるので食費が安くなる…実はこれ移住してから驚く人も多いのですが、沖縄はけっして物価が安いわけではありません。沖縄の物価があがる理由とはなぜなのでしょうか?あわせて移住後にできる食費の節約の方法を教えますね。

沖縄に移住すると高くなるものの代表として食費があります。スーパーを一通りみるとわかるのですが東京などの本州と比べ、数十円から数百円も高い値段がついています。

実はこれにはちゃんと理由があり、沖縄で生産できないものはすべて本州からの輸送で賄われています。その為輸送費がかかってしまい、どうしてもスーパーの店頭で売られているようなものだと相場よりも高い値段になってしまうのです。

特に加工食品、調味料などは「え、こんなにするの!?」と驚くと思います。沖縄は物価が安くて食費が安いと思っていたあなたにはショックな話かもしれません。

沖縄のスーパーでも安く購入できるものといえば、魚や貝などの鮮魚です。沖縄は海に囲まれているだけあって新鮮で美味しい魚や貝が手頃な価格帯で楽しめます。

海ぶどう

本州ではみたことのないようなカラフルな魚、珍しいも魚なども購入できるので沖縄に移住したらぜひ挑戦してみてくださいね。ちなみに沖縄特産の“海ぶどう”も沖縄のスーパーで購入するととっても安いのでおすすめです。

また沖縄原産のものは安く購入できます。地域ブランドの商品を狙って購入しましょうね。

沖縄で食費を節約したいのであれば、野菜や果物、卵、肉、米はJAなどの農家直送の販売所で購入するのがおすすめです。

栽培している農家が直接持ち込んでいることもあり、販売会社などを通さない分よけいな経費がかからないこと、輸送費などのお金もかからないので、スーパーで購入するよりも半額程度におさえることができます。

しかも新鮮でとても美味しいのでなんだか得した気分になりますよ。沖縄のJA直売所はたくさんあります。

  • 名護市:はい菜!やんばる市場
  • 沖縄市:ちゃんぷる~市場
  • 読谷村:ゆんた市場
  • 北谷町:ニライ市場
  • 宜野湾市:はごろも市場
  • 与那原町: あがりはま市場 
  • 豊見城市:とよさき菜々色畑
  • 糸満市:うまんちゅ市場
  • 南風原町:くがに市場

その他、宮古島や石垣島にもJA沖縄の直売所があります。JA沖縄の公式サイトから詳しい場所が確認できます。「今月のとれたて旬」の野菜も確認できますのでおすすめです。

また沖縄の農家や漁師さんと仲良くなると余った食材をもらえることもあります。これが一番オトクな方法ではありますが、中々難しいかもしれませんね。

他にも「ザ・ビック」や「ユニオン」「業務スーパー」などの比較的価格帯が安いスーパーで買物をするのもおすすめです。特売のちらしなどもありますので、そのタイミングをみはからって購入するようにしましょう。

ただ沖縄本島でも住む場所によってまわりにこういったお店がない地域もあります。沖縄市やうるま市、豊見城市などは多いのですが名護市や読谷村になると少なくなってしまいます。沖縄本島で移住する場所を探す時に参考にしてみてくださいね。

沖縄に移住するとイメージが違うところもあるので驚いてしまうこともあると思います。工夫次第でいくらでも節約できますし、沖縄の美味しい料理も楽しめますよ。

沖縄に移住してきて得たものはたくさんあるはずです。雄大な自然と美しい海は他の県では味わえない最高に贅沢な時間になります。