沖縄に移住するのが難しいって本当?

沖縄への移住

沖縄といえば自然豊かで空気が美味しい、キレイな海に美味しい沖縄料理など語りきれないような魅力がたくさんあります。沖縄民謡に合わせてのんびりと過ぎていく贅沢で特別な時間を感じることが出来るので、一度訪れると沖縄の魅力にハマってしまい「移住」を考える人もいるといいます。

沖縄には他の県にはない特別な魅力があるので当たり前かもしれません。そんな沖縄ですが移住するにはどうしたらいいのでしょうか。まずは移住するためのスタートラインとして出来ることを紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

沖縄に移住するためにはまずは現地に遊びに行こう!

沖縄への移住

沖縄に移住をしたいと思ったら、まずはある程度の期間沖縄に滞在してみるのをおすすめします。仕事の都合もあるし時間もない人は2泊3日でもいいと思いますが、まず沖縄の生活をするには現地に行き、生活してみることが一番です。

この時にリゾートホテルやシティホテルなどもいいのですが、「コンドミニアムタイプ」のホテルに泊まるのがおすすめです。長期滞在向けの人が利用するタイプのホテルでリビングやキッチン、各種家電などもついているので、まるで一人暮らしをしているかのような気分で楽しむことが出来ます。

食事がついているところもあれば自分で自炊をしなくてはいけないホテルもあります。食材を買いに沖縄のスーパーに行けば、ある程度価格帯も知ることが出来ますし沖縄のスーパーには本土では見ることが出来ない食材がたくさん販売されています。

また日程に余裕がある場合は、古民家の「ゲストハウス」に泊まるのもおすすめ。地元に住んでいるおばあの栄養満点の手作りのご飯や、昔ながらの沖縄の雰囲気や風を感じて過ごすことが出来ます。予算的にも安いので長期滞在にも向いています。

沖縄で生活するための仕事はどうするの?

沖縄で仕事

沖縄で生活するために大切なことは、仕事が見つかるのかどうかではないでしょうか。最低賃金が677円(※平成26年度)とされる沖縄ですが、沖縄は有効求人倍率がワースト2位になるなど、実際に住んでいる人でも雇用に苦戦する場合があります。

沖縄の中でも「那覇市内」ならビルも多く商業施設も多いので、働き方次第では東京都と変わらない働き方が出来る場合もあります。沖縄の求人を見てみると正社員の求人は少ないのですがパートやアルバイトの求人は十分にあります。

そんな沖縄で移住生活を成功させるためには、「自分で起業する」か「ノマドワーカー」などの働き方も検討してみましょう。ネット社会ですので会社に通わずとも働く方法はいくらでもあります。

また、沖縄では個人の飲食店が多く、沖縄に移住してお店を開く方法もおすすめです。沖縄では珍しいパンケーキのお店を作り行列が出来るほどの人気店になったお店もあります。アイデア次第で働き方は無限大ですので、移住計画を建てる時にどんな仕事をして沖縄で生活をしていきたいのか事前に検討することも大切です。

沖縄に移住して理想の生活を手に入れるためには、何と言っても「事前の計画性」が大切になります。「なんとかなる」と移住してしまうと、本州とは違う部分もあるので移住が失敗して帰ることになってしまいます。

沖縄は生活の仕方の工夫さえ出来ればとても素敵な移住先だといえます。こんなにキレイな海は日本のどこを探してもありませんし、沖縄の県民性はおだやかで優しいひとばかりです。話してみるとのんびりとした沖縄の魅力を人柄からも感じることが出来るでしょう。

沖縄の移住を成功させる為には沖縄について知ることが大切です。何度も訪れて季節毎に違う沖縄も体感してみてくださいね。知らず知らずのうちに沖縄が大好きになっていることでしょう。