沖縄移住で開業したい!移住でもできるの?

カフェ

沖縄は市によって異なりますが「起業を応援している」県になります。沖縄に移住するのであればなんといっても「仕事」選びは重要です。平均賃金は国内最低ともいわれれば、起業したいと考える人も多いもの。

でも実際は、起業をしてもすぐにお店を畳んでしまう人も多く「まずは3年」といわれるほどなのです。沖縄は廃業率も2位なんていわれるほど実は難易度が高いのです。これは沖縄に限った話ではないのですが、せっかく移住までして起業をするのであれば、成功させたいと誰だって思うものです。沖縄で起業する時のポイントをご紹介します。

沖縄で起業をするのであれば、まずはどんな内容で起業をするのか明確なビジョンを作らなくてはいけません。

  • 飲食店(カフェ・居酒屋)
  • 観光案内
  • ホテル・ゲストハウス
  • ダイビングショップ

などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

このような業種の場合「起業支援サポート」を受けることができます。助成金が出る場合もありますし、企業に必要な機材や材料、お金の融資を受けられる銀行への紹介状などの手厚いサポートがついてきます。相談できる場所も多いので沖縄で起業するのは比較的容易なのかもしれません。

ただし、沖縄で開業をするなら、沖縄にはないビジネスを取り入れるのをおすすめします。上記に紹介したようなビジネスは沖縄に十分ありますよね。すでにあるビジネスの場合、見えていないだけで沖縄の人からすれば十分に事足りている場合が多いのです。

沖縄で起業をする時の注意ポイントとして、「仲間意識」が強いことは十分に気をつけたいところです。地縁血縁関係が強いのでそこを味方にできればいいのですが、できないと起業を成功させることができなくなってしまいます。 沖縄の場合、新しいものをそう簡単に受け入れない閉鎖的な要素も強いので、受け入れて貰えるまでに時間がかかることも。

東京などをイメージして、新しいお店ができると行列ができるような文化ではなく、お金だってどんどん使うような人の方が少ないのではないでしょうか。

また、沖縄には「オフシーズン」があるので、季節に応じた内容や、天候に左右されるような内容の場合経営が上手くいかない場合も多いのです。夏に充分な金額を稼げないと、冬になり「オフシーズン」になった時に生活できなくなってしまいます。

そのため、沖縄で起業をする場合は相当な資金を用意してから、お店を開業するなり行動に移した方が正解だといえます。そうしないとせっかく移住しても約6割の人が内地に帰ってしまうといわれるだけ、沖縄での起業は難しいのです。

支援

沖縄の市によって起業家を支援するような支援策があるので、移住先や実際に店舗を持つ時に検討してみてはいかがでしょうか。

沖縄市

  • 固定資産税課税免除
  • 市民雇用奨励金
  • 産業集積支援補助金

など、その他の支援制度もありますので、公式サイトを見たり電話にて問い合わせをするのをおすすめします。

また、実際に起業している人たちの集いに参加してみるのもおすすめです。「沖縄起業塾」では沖縄で起業したい、就職したい人のお手伝いをしています。「沖縄県産業振興公社」は中小企業の経営基盤の強化などを促進してくれる公益団体です。

このように、起業したい旨を相談すれば支援や相談、スキルをあげるなどに力を貸してくれる企業がたくさんありますので、困ったことがあればすぐに相談するようにしてください。

沖縄で起業をするのは難しいと感じるかもしれません。ですが、移住し起業に挑戦したからこそ「ウチナーライフ」と呼ばれるのんびりとした特別な時間を過ごすことができるのです。