沖縄にペットと一緒に移住するには?物件選びや注意点について

ペット

自然豊かな沖縄に移住して、大切なペットとのびのびとした生活をしたいと考える人は多いもの。今住んでいる場所からペットも一緒に移住するとなると、移動方法、手続き、注意点など気になることはたくさんありますよね。そもそも1年中温暖な気候が続く沖縄の場合ペットが生活する上で困ることなどはないのでしょうか。

ペット

まず、ペットと一緒に生活するとなると「物件」があるのかどうか気になりますよね。

沖縄本島の中心「那覇」にもペット可物件が増えています。中には大家さんが匂いや汚れなどを気にしてペット不可にしている物件もありますので、不動産屋さんに相談する時に、「ペットと一緒に住める物件はありますか?」と聞いてみるのがいいでしょう。

沖縄の場合、大家さんが一緒の建物に住んでいたり、近くに住んでいる場合もあるので、ペットと一緒に住むことを隠して借りるのはおすすめしません。万が一ばれてしまった場合、契約違反で退去になる場合もあれば高い違約金がかかる場合もありますので、不動産を借りる時は注意してくださいね。

沖縄本島の中でも北谷方面の方がペット可物件は多いそうです。また、物件を探す時は、「有限会社喜納住宅開発」がおすすめです。ペット可物件を扱っていることを宣伝している不動産になります。

また、ペット可物件がなかなか決まらない場合、思い切って物件の購入もおすすめです。沖縄本島の場合、他県と比較しても住宅の購入の方がお得になる場合もありますので、ペットと一緒に生活したいと考えている人は検討してみてもいいでしょう。

散歩

沖縄でペットと生活する上で、まず気になるのは「気候」ではないでしょうか。犬・猫・小動物などを飼っている方も多いので飼えないことはありませんが、夏場の暑い時期はクーラーをつけっぱなしにしておき、部屋の中が熱くなり過ぎないように注意しましょう。犬のお散歩も夕方の日が暮れてからの方が良いと思います。

沖縄の暑さにも強いペットとしておすすめなのは熱帯魚でしょう。海水も近くにありますし、愛らしい姿で人気のクマノミだって少し海に入れば捕獲することができます。変わり種として、沖縄ではペットとしてヤギを飼っている人もいます。

沖縄の場合車で少し移動すれば思いっきり走り回れる場所や、海で遊んだりもできるのでペットとの生活も楽しいはずです。

ペットと一緒に沖縄に住む場合、ペットが体調を崩してしまった時の「獣医さん」があるのかどうかも気になりますよね。沖縄本島の場合、那覇市や浦添市、宜野湾市、沖縄市、豊見城市などの地域に動物病院が集中しています。本部町や名護方面には少なくなります。

沖縄本島に「動物病院22時グループ」という動物病院のチェーンがあります。那覇や西原、名護、豊崎などの動物病院が20時~22時と比較的遅い時間まで対応してくれます。そのグループの中でも緊急や急患などの対応を24時間診療しているのは「北谷医療センター」のみとなり、ペットの緊急時にはこちらに行くのがおすすめです。

動物病院22時グループの一部の店舗を紹介します

ペットの動物病院は、相性も大切なので最初は一度視察がてらペットと一緒に動物病院の様子を見に訪れてみるといいのではないでしょうか。ペットも大切な家族になりますので、沖縄に移住する時は事前に確認しておくと、快適な沖縄ライフを過ごせるのではないでしょうか。