移住してびっくり!沖縄の冠婚葬祭事情!

結婚式

沖縄に移住するとまずは文化の違いに驚くのではないでしょうか。どこだって県ごとに違いがあり、移住すれば最初は慣れないことや習慣に出くわすものです。

沖縄の場合、「え、そうなの!?」と感じることが多く、移住する前にそのポイントについても知っているだけで安心できるはずです。今回は沖縄の冠婚葬祭事情について説明いたします。あなたの当たり前が沖縄では通用しない可能性がありますので覚えておいてくださいね。

沖縄の結婚式に参加する時の文化の違い

沖縄に移住して、仕事先の上司や同僚だったり親族関係や友人などで、必ずつきものになるのが冠婚葬祭などの行事です。沖縄の場合幅広い人達をゲストとしてご招待するので数百人単位になることもあります。なかには500人超えるゲストが訪れる場合も。今流行の家族婚などのように数人単位で行うものではなく、日頃関わりがあるありとあらゆる人たちを呼んで盛大に行います。

結婚式は琉舞「かぎやで風」でスタートし、「カチャーシー」で締めくくりとなるものが多く、みんなで一緒に盛り上がりお祝いをします。結婚式の余興などにいれる気合も素晴らしく、結婚式の醍醐味ともいえるのではないでしょうか。参加させられているものではなく、参加することを楽しんでいるのはさすがだといえますね。

その為、結婚式といえば昼間に行うものというイメージがある私たちですが沖縄では夜に結婚式を行う場合が多く、できるだけ多くの人に参加してもらいたいという気持ちがあります。もちろん披露宴の開始時間が遅いので、二次会、三次会と参加していると日付をまたいでいるなんて事は当たりまえ。電車ではなく車社会の沖縄ならではともいえますよね。もちろんお酒を飲んだら運転代行で帰ります!

沖縄ではこういった結婚式などのお祝い事はお酒を交わす場所でもあり、披露宴前からお酒を飲み楽しみます。そのためほろ酔い気分で披露宴に参加する人もいるほど。

料理はたいていが大皿にのったお料理になりそれをビッフェのように取り分けて食べます。中華などのメニューは円卓に回転台があります。

また、結婚式で用意するご祝儀も、関係性に応じて金額が変わる地域とは違い「一律一万円」となっています。参加する冠婚葬祭が多い為、負担を軽減することが目的となっているようです。

沖縄の葬儀関係文化の違い

また、沖縄の葬儀も他の県とは一風変わっています。

身内に不幸があると新聞などの広告で葬儀のお知らせを載せます。もちろん広告はサービスではありませんので数十万円かけて広告費を出し、葬儀は自宅や式場にてとりおこないます。参列者は数百人単位になることもあり、葬儀の機会も多いことから常に車の中に喪服を準備しておき、いつでも参加できるようにしている人がほとんどです。

沖縄のお墓を見たことがありますか?家のような形をした大きなお墓が基本で、知らないとお墓だと気付かない場合も。お墓は海を眺められる場所にある場合が多く、沖縄はご先祖様をとても大切にしています。何でもご先祖様は7代かけて守護霊としてお守りしてくれるという信仰心があります。その為、位碑は家の中心におき、家族を守ってくれるという考え方からきています。

また、親族が集まりお墓の前でご飯を食べる「晴明祭」からも見て取ることができます。お墓のお掃除をした後、お墓の前で食事をしている姿に最初はびっくりするかもしれません。それだけ沖縄の人は人間関係をとても大切にしているのを感じられると思います。

沖縄は他の県と文化が違うと感じることも多いと思います。それは沖縄ならではの人を思いやる気持ちと温かさがあるからでしょう。大切な冠婚葬祭をみんなでお祝いして盛り上がろうという優しい気持ちを感じることができるでしょう。