沖縄に移住する前に予行練習しませんか?移住の不安も解消

新都心

夢の沖縄移住を目標にしている人も多いのではないでしょうか。のんびりとした空気とどこまでも続く美しい海を目の前に都会の雑踏を忘れた生活は、とても魅力的に映りますよね。でもいざ移住しようとなると膨大なお金もかかりますし移住して失敗したではすみません。そんな沖縄の移住の前に「予行練習」してみませんか?

沖縄というとTVや雑誌などのイメージも強く、沖縄に移住すれば今とは違う生活が待っていると理想を大きく掲げ引越しする移住者が多いのですがこういった理想が大きい人ほど、沖縄に馴染めずに結局沖縄を後にする人が多いのです。確かにこういった理想も大切ですが、沖縄に移住するならまずはその土地について知ることが大切です。その上でメリット&デメリットを理解して計画的に行動しましょう。

例えば住む場所によっては地域の関係性が強く、お祭りやイベントなどの参加が必須になる場合もありますし沖縄ならではの習慣に驚くことも少なくありません。逆に那覇などに住むとそういった近所付き合いが少ないのですが、その分家賃が高く本州に住むのと大差ない生活基準になってしまう場合もあります。沖縄に移住することでどんな生活をしたいのか?が自分で理解できていないと移住しても失敗する人が多いのです。

では移住前に予行練習をする場合、どんなことに注意したらいいのでしょうか。そのためのポイントについて説明します。

住居

移住したい場所が決まっている場合は、その付近でウィークリーマンションや民宿・ドミトリーなどを探し手頃な価格帯で長期滞在できる場所を探しましょう。目安としては2週間程度滞在するのがおすすめです。

実際に沖縄の地元の人達と話したりスーパーに足を運んでみたり、生活した時にどう感じるのか?本当に生活しやすいのかなどをポイントに考えるようにしましょう。より生活感が出るのはウィークリーマンションなどのすべてを自分で行なう宿泊先ではないでしょうか。

移住の準備

予行練習の間にできることなら実際に住むための不動産探しと、職探しも進めておきたいものですよね。予算内で条件のいい物件はあるのか?実際に物件を見てイメージと相違がないか?沖縄ならではの注意点なども確認するといいでしょう。

職探しはどんな仕事がしたいのか?もともと持っている資格を活かしたいのかなど条件によっても変わってきます。予行練習中にどのぐらいの有効求人倍率があるのか、職安などに足を運んでみるといいでしょう。移住者向けの支援などもありますので、上手に活用しましょう。

人間関係

沖縄の人たちは気さくで温かい人ばかりですが、最初人見知りをする人も多く仲良くなるまでに時間がかかる場合もあります。慣れる迄は孤独感を感じる移住者も少なくありません。なかには最初は話しかけたけど仲良くできずに閉じこもってしまう人もいるのだとか。地元の人達と会話を積極的にしてみて、合う・合わないを判断することも大切です。

沖縄に移住したいと思う人の多くは何度も観光に訪れていて沖縄が好きな人に多いでしょう。ですが観光している時に感じる沖縄といざ生活をしてみて見える沖縄は全く違うものです。観光気分のままでいると失敗することになりますので、移住を決めたのであれば生活の視点から沖縄を見て判断するようにしてくださいね。

沖縄の移住は事前の予行練習が必須です。沖縄のことをわかったつもりになっていると後になってこんなはずじゃなかった…と後悔することになるのです。移住とは生活をすることです。事前の予行練習で不安を解消して沖縄移住を成功させましょう。