車を持っている人必見!移住後の手続き

引っ越し

沖縄に移住する時に一緒に車を持って行く人も多いでしょう。沖縄は電車がなく唯一那覇市内を走るゆいレールのみしかありません。他にはバスなどもありますが、個人的に移動したい時は不便に感じることもあるはずです。沖縄の場合、車社会といわれるほど通勤・通学・遊びに行くにも必須のアイテムでもあるのです。では車を持って移住した時、どんな手続きが必要になるのでしょうか。

沖縄に移住する時に車を持って行こうか、沖縄で新しく購入するか迷いますよね。沖縄は車が必須の文化だけあり中古車でも値段が高めに設定されている場合もあります。また慣れない道路を走ると事故のもとにもなりますので、できるなら乗り慣れている車を移住先に持っていくのをおすすめします。実際に沖縄に移住する人のほとんどが車を持っていくことが多いといいます。

ただし移住で車を持っていく場合「車両輸送」の手続きが必要になります。例えば関東在住の人が沖縄に車を持って移住しようとした場合、川崎港~那覇港まで海上輸送を利用することになります。海上輸送は決して安いものではなく目安として軽自動車…55000円前後、乗用車…60000円前後で運んでもらえます。

那覇港から引越し先の住所まで移動をお願いするとさらに輸送費がかかるので、できるなら那覇空港から自分で移動できるのがベストです。どうしても引越しの日程と合わずに調整できないなんて人もいるはずです。そんな時は少し費用もかかりますが輸送してもらってもいいかもしれませんね。なかには輸送できない車種もありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

沖縄に移住したら車の各種手続きが必要になります。移住後役所などに行ったり片付けをしたりバタバタしてしまうこともあると思いますが、忘れずに手続きを行なうようにしてくださいね。

車庫証明

管轄の警察署に出向き、「申請用紙」「保管場所の地図の記入」「保管場所使用承諾証明書(マンション・アパートなどの賃貸のみ)」などの記入を行います。車を持って移住した場合は前車庫証明書などを参考にしながら記入するのをおすすめします。保管場所使用証明書の場合は大家さんや不動産屋に行き記入してもらう必要があります。この時に保証金が必要になる場合もあり、保証金の金額は不動産屋や大家さんによって違うので多めに用意しておくと安心です。一般的な相場は3万円前後となります。記入がすべてできたら再度警察署に出向き手続きを行なう必要があります。通常ここから1週間程度で登録が完了します。

住所変更

車庫証明と一緒に管轄の警察署にて手続きができます。新住所が確認できる健康保険証や住民票などを市役所で事前にもらっておくこと、さらに県外からの手続きの場合は写真の登録も必要になりますので一緒に持参するのを忘れないようにしましょう。

ナンバープレートの変更

変更登録といい、車庫証明ができてから1ヶ月以内に運輸局に行って手続きを行います。1ヶ月を経過してしまうと再度警察署にて手続きが必要となってしまいます。必要書類を持って浦添市にある「内閣府沖縄総合事務局運輸部」に行き手続きを行いましょう。手続きさえ終わればその場でナンバープレートの付替えができるので、ドライバーを持っていくのを忘れないようにしましょう。

沖縄は日本のなかでも一番車の保険料が安い県でもあります。その為にもナンバープレートを沖縄のものに変更するだけで毎月の保険料が大きく変わりますので、必ず手続きをしておきましょう。沖縄に移住したら車の手続きもしっかりとおこないましょうね。