移住者必見!沖縄のお正月って何が違うの!?

お正月

お正月や初詣などはその土地の文化が色濃くでる行事の一つでもあります。新年を迎え、今年一年も昨年以上に幸せな年となるようにお祈りする誰もが欠かせない行事のですが、沖縄ではどんなお正月の風習があるのでしょうか。移住後はじめて沖縄でお正月を迎える時のポイントなどを説明します。

沖縄にはお正月と呼ばれる日が3回あるとされています。通常のお正月と同じ1月1日~3日にかけて行われる参拝の「初詣」はもちろんのこと、旧暦の1月1日にあたる1月後半にもさまざまな厳伝統行事が行われています。

場所によっては旧暦にお年玉をあげる風習が残っている地域もありますし、本州よりも離島にその風習は多いようです。神の島として有名な久高島は健康祈願として「シャクトゥイ」が行われており、漁師の町としても知られる糸満市では月の満ち欠けに伴い、盛大なお祭りを行います。今年も豊漁であることを神様にお願いするとてもダイナミックなお祭りです。

さらに2月にあの世の正月である「十六日祭」も行われます。主に宮古島や八重山諸島などの地域で行われることが多く、ご先祖様に対して行なうお正月の行事になります。特に喪中など親族で亡くなった人がいる場合は、この十六日祭を行なうことが多くとても大切な日でもあるのです。

どのお正月にもすべてに意味があり沖縄では大切にしてきた習慣の一つでもあります。ご先祖様を大切にして供養するそんな思いが強い沖縄ならではの習慣ですよね。

沖縄は本州と比較しても、3回正月があるなどの違いはありますが風習には大きな違いがありません。ただ、おせち料理の内容は沖縄独自の場合があり少し違うと感じることも。

お雑煮がない家庭も…

沖縄にはもともとお餅を使う雑煮の習慣がありません。その変わりに「中身汁」や「骨汁」といった汁物をおせち料理と一緒に並べます。豚のモツを使って、下処理を行った後に鰹と舞茸で煮込んだものです。骨汁は沖縄そばに使う出汁で野菜などを煮込んだものです。近頃はお餅を入れる家庭も増えたようですが決して主流ではありません。

重箱の内容が違う

沖縄にとって重箱はお正月だけでなく年中行事の度にお料理を詰めるものです。7品~9品の料理が決まっていて、カステラかまぼこ・紅白かまぼこ・天ぷら・田芋・ごぼう・昆布・揚げ豆腐・三枚肉などのメニューが基本となり、さらに餅をつめた重箱も用意されます。

沖縄は2で割り切れない数を縁起がいいとする習慣がありますが、地域によっては違いがあるようです。

豚肉料理がメイン

沖縄といえば豚肉ともいえるほど豚肉をアレンジした料理がたくさんでてきます。骨付きのソーキをはじめ、ラフテーなども豚肉です。コラーゲンたっぷりのミミガーは豚の耳ですし豚肉の部位によってさまざまな料理を作ります。昆布と豚肉を炒め煮にした「クーブイリチー」などもあります。他にも田芋を使ったメニューも多く用意されます。

沖縄に移住するとその地域の人とも仲良くする機会が増えるはずです。上記に紹介した内容はあくまでも一般的なものになりますので、お正月にお呼ばれする時、誰かをご招待する時はその土地の習慣を事前に確認した上で準備をするといいでしょう。出汁などのちょっとしたところにも沖縄独自の習慣がありますので、自己流でおもてなしをするのは注意が必要です。

移住するとその土地の文化に触れられるのも楽しみの一つではありますが、その文化を知るためには「自分から聞く」ことも大切です。ご先祖様を大切にするからこそ、沖縄には数々の魅力があるのです。