ビジネスの知識としても!移住後の週末は沖縄県立図書館がおすすめ

本

移住して仕事で知識をつけたい時・さまざまな本を読みたい時・雨の休日などに訪れる図書館ですが、沖縄には本島だけでも数多くの図書館があります。そのなかで県内随一の本の数を誇る「沖縄県立図書館」にはいつ訪れても楽しめるポイントが盛り沢山あります。

沖縄本島那覇市にあり、最寄りはバス停の「与儀十字路」や「赤十字病院前」にあたります。隣接している那覇市市立図書館と合わせるととても大きな施設になり、週末だけではなく平日も多くの地元の人たちが訪れます。

1階は一般図書の閲覧室となり子供向けの図書やパソコン持ち込み可の席などに対応しています。カラーコピーなどの機器も揃っているのでここに来ればなんでも揃います。

2階は郷土資料館になっており琉球の歴史や沖縄の珍しい資料を多く取り揃え、パソコンなどもありますのでビジネスの資料はもちろん、学校の課題などでも使えます。2階の資料は貸出禁止としていますのでこの場で読んで、必要に応じて白黒コピーを使います。

バリアフリーにも対応していますので車椅子の人でも安心して利用できる施設であり、研修室や各種ホールなどの利用用途が多い図書館として多くの人たちから愛されています。

沖縄県立図書館の楽しみ方には様々な方法があります。図書館内部の設備も使いやすいように年々更新されていますので是非利用してみてくださいね。

郷土資料館

沖縄の琉球の歴史や沖縄に関する資料を手軽に利用できるサービスです。「貴重資料デジタル書籍」などもあり図書館にいかなくとも貴重な資料を閲覧できること、戦前の新聞が一覧表となり確認できるなど、ここにしかない資料がたくさんあります。特殊文庫などもあるので時間をかけてゆっくりと沖縄の歴史にふれてみてはいかがでしょうか。

便利な機能が盛り沢山

沖縄県立図書館ではHPより操作や調べ物ができるサービスも行っています。遠隔操作による「新着図書案内」ではお好みの分類ごとの新書や寄贈された新書を気軽にチェックすることができますし、「ベストリーダー」では年間で貸出の多かった資料を上位20まで閲覧できるサービスなどもあります。「ベスト予約」では予約数が多い本を上位10まで確認できるなど便利な機能が盛り沢山です。

インターネットスペース

自宅だと集中して勉強ができない人にもおすすめです。貸出の数は限られていますが、パソコンで調べ物をしながら勉強するなど集中できる空間であることは間違いありません。なにか本を見ながら調べたいことがあれば借りて持ち込むこともできます。パソコンと本という莫大な資料を一緒に利用できるのは図書館ならではですよね。

沖縄県立図書館に訪れる時はマナーを守り利用することが大切です。勉強をしに来ている人もいればゆっくりと本を読みたい人もいます。資料の無断持ち出しは禁止ですし、なかには借りる際に所定の手続きが必要なものもあります。基本スペースは本の汚れを防ぐために飲食は禁止です。このようなマナーを守り楽しむのが図書館です。わからないことがあれば図書館スタッフに確認するようにしましょうね。

沖縄県立図書館は家族連れでも、ビジネスとしても楽しめるとても有意義な図書館です。常にお客様の声を集めて利用者が使いやすい工夫もされていますし、いつ訪れてもキレイに整備されています。移住して特にやることもない週末にお散歩がてら図書館に訪れるのもおすすめです。

夏でも冷房設備があり快適な空間で学べるはずです。しかも沖縄県立図書館なら本の数も県内一ですのでここにくればなんでも揃います。是非訪れてみてくださいね。

  • 開館時間:平日:午前9時~午後7時 / 土・日:午前9時~午後5時
  • 定期休館日:火曜日 / 年末年始:12月28日~1月4日
  • 祝日等:祝日、慰霊の日(6月23日)※祝日等が定期休館日にあたるときは、直近の休館日ではない日に振替