沖縄へ移住を考えている方へ!宜野湾市は住みやすい支援がたくさん

宜野湾市

沖縄に移住がしたい!でもどこに住むのが一番いいのかな?と悩みますよね。旅行に行くのと移住では大きく訳が違いますし失敗するわけにもいきません。これから沖縄に移住を考えている人は「宜野湾市」も検討してみてはいかがでしょうか?

宜野湾市は沖縄本島の南部と中部の間に位置しており、普天間基地がある場所です。国道58号線が通っているので那覇までのアクセスがいいこと、海へのアクセスもいい場所です。

トロピカルビーチ

観光でも人気のある「トロピカルビーチ」や「安良波ビーチ」などで海水浴を楽しむことも、マリンアクティビティやBBQを楽しむなど遊び方も様々です。

沖縄のショッピングモールである、「美浜アメリカンビレッジ」や「イオンモール沖縄ライカム」までも車やバスですぐなのでショッピングで困ることもありません。

また基地があるとどうしても不安…なんて人もいるでしょう。実は基地が近いからこそ「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」に基づき、住宅防音工事の助成があったり、アメリカ人向けの広めの住宅があったりと実はお得な物件が多いことでも知られています。広々としたリビングダイニングに住みたい!なんて人にはおすすめです。

ウェルカム

宜野湾市は街の魅力はもちろんのこと、移住者向けに支援もたくさんあります。

  • 住宅再生可能エネルギー・省エネの設置設備補助
  • 空き店舗を利用して営業を開始する事業者に対しての家賃補助
  • 独立・自立就農時45歳未満で農業を志す者に150万円給付

などの住環境や仕事支援などがあります。他にも、

  • 0歳~中学生までの医療費を全額補助(小学生の場合一分負担あり)
  • 子どもの予防接種に関する助成(四種混合・三種混合・NCG・ポリオなど)
  • 妊産婦へのミルク支給制度
  • 世帯状況に応じた幼稚園・保育園の料金設定
  • 小中学校の給食費月額1950円の助成金を交付

などの子供向けの支援も充実しています。沖縄移住が1人だけなら将来家庭を持った時にも嬉しい制度ですし、今家庭がある人もどこよりも手厚い支援がついてくるので移住後の生活の基盤を作る為にもとても嬉しい制度であることがわかりますね。せっかく移住するならこういったポイントは抑えておきたいものですよね。

宜野湾市に移住する時に注意して欲しいポイントとしては、朝の通勤・通学でしょう。沖縄は通勤のメインが車になるので朝は必ず渋滞します。特に国道が通っているので慣れるまでは朝早めに出て時間の調整をするのをおすすめします。

宜野湾市の治安に関しては、沖縄の全体でほぼ変わらないこと、夜中はもちろん女性の独り歩きは危険ですので充分に注意するようにしてくださいね。近くに普天間基地があるから特別治安が悪いなどはありませんので、安心してくださいね。どちらかというと沖縄は窃盗などの軽犯罪が多いので、家の防犯をしっかりとするなどの工夫をすれば問題ありません。

また、他の地域にくらべて騒音問題があるという事を頭に入れ、どの程度の騒音なのか事前に確認しておく事をオススメします。


沖縄に移住するなら海まで近いに越したことはありませんよね。しかも利便性もよくショッピングも楽しめる宜野湾市の楽しみ方は無限大です。移住に関する支援制度の充実も宜野湾市ならではですし、家賃の手頃さもあり移住者も多くいます。