老後移住で沖縄が人気!その理由とは?

老後

沖縄に移住というとどうしても若い世代をイメージしやすいのですが、実際に移住してくる人のなかには定年後の高齢者の方も多く、のんびりと沖縄で過ごしながら残りの時間を満喫したいと考えているようです。老後の移住の場合どのようなメリット&デメリットがるのでしょうか。

あなたは長年勤めた会社を退職して住み慣れた街をでるとしたらどうしますか?移住や老後の生活について考える人たちが増えていますが、日本のなかでも移住先として人気の高い場所が沖縄なのです。のんびりと過ごせる時間と美しい海、自然も多くこんな素敵な場所で生活してみたいと誰もが憧れる気持ちは納得です。若い世代の移住ではなく老後に移住することとの違いはどんなものがあるのでしょうか。

メリット

老後に移住するメリットといえば仕事などに追われることもなく、自分たちのペースで理想とする暮らしを実現しやすいことにあります。沖縄は移住先としても人気の高い場所ですが、実際に移住後に戻ってしまうケースも多い場所です。その多くが仕事や生活面で理想とギャップの違いを感じるようです。老後に移住すると資産的にも余裕がありますし、一戸建てに住みたい、海の近くがいいなど理想的な暮らしを手に入れることもできるのです。

デメリット

老後に移住するデメリットとしては、人間関係が築きにくいことでしょう。老後に移住する人の多くが地元の人たちと交流をもたない人が多いといいます。沖縄の人たちはもともとオープンな性格をした人たちが多いのですが、地元民以外の人を受け入れない地域もあり、老後の場合仕事でも関わることがないのでどうしても孤立してしまいがちに。

田舎

では沖縄に老後移住をする時にどんなポイントに注意すれば、楽しい生活を送ることができるのでしょうか。

住む地域を考えよう

老後に沖縄移住する場合どこに住んだらいいのか悩みますよね。何度も沖縄に行っていて土地勘があり沖縄本土のここに住みたいなど具体的なプランがある場合はいいのですが、沖縄に来るのが久しぶり、ほとんど訪れたことがないのであれば那覇市内などの地域色が強すぎない地域をおすすめします。小さな島や村になると住んでいる人同士が皆知り合いになるので老後いきなり移住しても馴染めないこともあります。

住居の形

沖縄は本州と比べて家賃や分譲の金額が安い傾向にあります。例えば賃貸ならご夫婦で住める物件でも10万円はしませんし、分譲マンションや戸建てでも2000万円台~購入することができます。賃貸を借りてさまざまな場所を移動しながら住むのもいいですし、気に入った土地があれば最初から購入してしまってもいいでしょう。

目的

沖縄に移住する目的をしっかりと決めるようにしましょう。移住したからといって理想通りの生活が待っているとは限りません。移住して夫婦でのんびりと海を眺めながら過ごす時間が欲しいでもいいですし、移住後お店を開業したい、沖縄の伝統文化に触れ趣味を満喫したいなど目的がないと充実した時間を過ごすことができません。

マンション

とはいっても今後の長い人生「本当に沖縄に移住していいのか?」など不安に感じることもあるでしょう。そんな時一度期間限定で沖縄に訪れてみて住んでみた時の気分のデモンストレーションをしてみるといいのではないでしょうか。ウィークリーマンションやマンスリーマンションなどもあります。その滞在中に不動産会社などもまわり、相場や価格帯、地域の特色などを聞いてみるとイメージが湧くのではないでしょうか。

老後の沖縄移住は覚悟必要です。それでもここでしか体験できない特別な時間が沖縄にはあります。せっかく移住するなら後悔のないものにしてくださいね。