沖縄でシュノーケリングができるスポットは限られているの?

シュノーケル

沖縄は島全体に美しい海があるので、どこでもシュノーケリングができると思っている人もいるのですが場所によってできる場所もあれば、禁止している場所もあります。沖縄の海でシュノーケリングを楽しみたいと思っている人は、まずできる場所なのか確認することが大切です。

海で泳いだことがない初心者でも海で泳ぎやすく挑戦しやすいのがシュノーケリングです。シュノーケルとよばれるパイプ状の呼吸器を取り付けて比較的浅瀬を泳ぎ、海に生息している生き物や景色を楽しむものです。

シュノーケリングをするのに特別な資格がいらないこともあり、子供から大人まで誰でも楽しめるマリンスポーツとしてとても人気があります。シュノーケル以外でもフィンというヒレをつけて泳ぐ場合もあり、泳ぎが苦手な人でも楽しめるのが嬉しいですね。

シュノーケルなどの必要なグッズは、大型のショッピングセンターなどで購入できますし、荷物になって不便だなと感じる人はツアーなどに参加してすべてレンタルでもいいでしょう。ツアーだとウェットスーツなども貸してくれるので安心です。

沖縄でシュノーケリングを楽しむのであればぜひともここは外せないおすすめスポットを紹介します。ツアーなども行っていますのでどちらがいいのかは検討してみてくださいね。

真栄田岬

沖縄本島の中心部にあり、青の洞窟のスポットとしても有名な場所です。浅瀬でも魚がたくさんいること、サンゴ礁も豊富で初心者でも挑戦しやすい場所です。シーズンになると多くの人で混み合いますが、隣接している真栄田岬公園では施設が充実しているのでご飯で休憩したりすることも。

水納ビーチ

沖縄北東部の本部から船で15分ほど移動したところにある水納ビーチは本島とはまたちがい透明度抜群の海を楽しむことができます。カラフルな魚もたくさんいること、観光客も多すぎないのでのんびりとした時間を堪能することができます。シュノーケリングでは大きな魚と遭遇することもあるので驚いてしまうかもしれません。

古座間味海岸

沖縄本島より高速船で移動すること50分の慶良間諸島にある座間味島は海の美しさが断トツであることでも有名なスポットで浅瀬でもかわいい魚を観察したり、サンゴ礁と遊ぶクマノミなど貴重な体験ができる場所でもあります。白い砂浜が一面にひろがり何度でも訪れたくなる場所です。

他にも読谷村の「ニライビーチ」や美ら海水族館の近くにある「備瀬崎」などもシュノーケリングスポットとしてはとてもおすすめです。

海の中は潮の流れがあるので、まっすぐ泳いでいるつもりでも気づいたら足の届かない深い場所に来ていた…なんてこともあります。シュノーケリングに夢中になりすぎて遊泳禁止の場所などに立ち入ることのないようにしてくださいね。初心者でも挑戦しやすいのですが、つい…といった海の事故原因にもなりかねません。

またシュノーケルなどは海に入る前に装着し、水が入ってこないか正しい位置についているのかなどを友達などパートナーに確認してもらってから楽しむようにしてくださいね。フィンがついている時は基本的に後ろ向きに海に入ります。

こういった注意点の一つ一つに意味がありますので守って楽しめるようにしましょう。

シュノーケリングは沖縄に行ったらぜひとも挑戦して欲しいマリンスポーツの一つです。やりかたさえ慣れてしまえばどこでも楽しめますので、まずは沖縄の透明度抜群の海をシュノーケリングで遊んでみてその魅力を体感してみてくださいね。水中カメラなどもあると記念になりますのでおすすめです。